46度の坂を駆け上がれ

乃木坂競馬部非公認公式ブログ 乃木坂46や競馬のことなどを緩く語るブログ 4ハロンの坂を46秒で駆け上がれ

12月24日(土)に出走する乃木坂競馬部POG指名馬紹介

早いものでクリスマスイブ。そして、有馬記念の週。
今年ももう終わりなんですね。
終わり良ければ総て良し。
そうなるように、頑張りたいものです。

それでは来年に向けて飛躍を期す2歳馬たちのご紹介でもしましょうか。

 

中山2R 2歳未勝利(ダート1800m)

①キャラメルシフォン
前走デビュー戦は東スポ杯2歳Sを勝ったガストリックの4着。先行して粘りを見せた。
今回はルメールに手替わり。母はBCジュヴェナイルフィリーズ2着の女傑でもあり、ダート変更も含めてもうひと粘りを。

 

中山3R 2歳未勝利(芝1200m)

③オースピス
前走は、少し間をあけた中、先行して5着。
母方は小回り得意の血統。マイネルラヴの血が入っているなら暮れの中山距離短縮で。

 

中山4R 2歳未勝利(ダート1800m)

⑤エルカリエンテ
マウントロブソン、ミヤマザクラなどを輩出している名繁殖牝馬ミスパスカリの仔。
ただ、大型でズブい上に、もたれ癖があって、なんとも言えない現状。大和田厩舎で杉原では、金子真人ホールディングスではなくミ○ファームだと思われてしまう。
とはいえ、今回ブリンカー着用。ダートに替わって前進したい。

⑩レイズカイザー
デビューしたきょうだいはこれまでJRAで2勝、4勝と、堅実に走っている。ヘニーヒューズでよりダート向きに出た印象。
前走は逃げて2着。
追い切りでも粘りを見せており、今回も完全燃焼の逃げを。

 

阪神4R 2歳未勝利(芝2000m)

ジャスティンレオン
エポカドーロの半弟だからか逃げたものの、そこからギアが上がらず5着。
とはいえ、追い切りではジャスティンパレスの調教パートナーを務め、好時計をマークしており、やはり陣営の期待は高い。
大型馬でもあり、一度叩かれて上昇も。

 

中山5R メイクデビュー中山(芝1800m)

アルメリア
中間フレグモーネがあったものの、そこからじっくり調教を積んでデビューへ。
最終追い切りは軽めも、古馬相手に追走併入と、いい動きを見せた。
母アルピアーノはスワンS勝利、NHKマイルC2着など活躍した名牝。
1歳時から体つきは良かった。
初戦から期待したい。

 

阪神5R メイクデビュー阪神(芝1800m)

⑥マキシ
母はエリザベス女王杯勝馬ラキシス
大型馬まだ緩くで、血統的にも良くなるのは先であろうが、1週間前追い切りでは仕掛けて栗東CWでラスト11秒5をマーク。最終追い切りは坂路で軽めも、力強い脚さばきを見せていた。
素質でいきなり。

カレンチャンキー
アスカクリチャンと渋い血統も、きょうだいはいずれもJRAで勝利をあげているように、決して侮れない。アスカクリチャンと祖母タシロスプリングが血統構成的に似ているので、そのニアリークロスを狙ったのだろう。
最終追い切りでも馬なりで先着と、きびきびとした動きを見せている。

 

中山7R 2歳1勝クラス(ダート1200m)

⑦マニバトラ
森厩舎だからとはいえ、相変わらず調教ではよく動く。
最適条件であるダートのスプリント戦。
スピードに任せて。

 

阪神9R 万両賞(2歳1勝クラス 芝1400m)

③ブライトサイン
前走は道中かかり気味で伸びずに8着。現状マイルでも長い感じか。
最終追い切りは一杯に負って遅れるも、全体時計等考えれば悪くはない。
距離短縮で。

⑤ペースセッティング
前走はスタートでややごちゃついた上に、それが落ち着いた向こう正面で内の馬に寄られる不利。それでも重賞で4着なら悪くはない。
最終追い切りはムキにさせないために軽く調整。それでも12秒1をマークするのだから、動く。
自己条件なら。

⑨テラステラ
カイザーノヴァやキングエルメスの弟。
前走の勝ち方は鮮やかで、距離延長にも対応できそう。
状態がいいときは一気に使う矢作師。追い切りも軽やかで、連勝期待。

12月17日(土)に出走する乃木坂競馬部POG指名馬紹介

12月17日はなのださんの誕生日。
この年になると誕生日というのも気恥ずかしきもしますが、それでも生まれてきた日をお祝いしていただけるのは嬉しいこと。同時に、これまで支えてきてくださった人々には感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございます。

そんななのださんの誕生日に出走する乃木坂競馬部POG指名馬の紹介でもしましょうか。

 

中山1R 2歳未勝利(ダート1200m)

⑩シュバルツガイスト
前走は間隔をあけたからなのか、ダートに替えたからか、3着と好走。
相手関係から距離短縮に踏み切った感もあるが、母は欧州の名スプリンター。
まずは勝ち切りたい。

 

阪神1R 2歳未勝利(ダート1200m)

⑩ミヤジトレヴ
ダートに替わった前走も結果的には大敗。とはいえ、先行力は見せた。
今回は距離短縮で粘ることができれば。

 

中山2R 2歳未勝利(ダート1800m)

⑧レターマイハート
バスラットレオンの妹。
間隔をあけてポリトラックとはいかにも2歳時の萩原清厩舎といった感じ。
新馬の感じから能力はありそうなので、素質で好走したい。

⑫リリカル
芝ではキレ負けするので鞍上の進言もあってダートへ。
当初は次週に出走予定も、状態がいいので早めて出走。
ダート替わりと調子の良さで。

⑬サクラトップクリス
勝ち味に遅いというか、やや単調な面のある同馬。ということで、ダートで新味を出したいところだろう。
1800mへの延長もこなせる血統。

 

阪神3R 2歳未勝利(ダート1400m)

④ファイアネイド
パイロ×ハードスパンはこれまで3頭がデビューし、2頭が勝ち上がり、1頭は2着の経験があるという相性のいい組み合わせ。
新馬はやや忙しないレースとなったが、それでも3着。
間隔をあけてしっかりと調整した今回はさらに上を目指したい。

 

中山4R 2歳未勝利(ダート1800m)

⑨ダグフォース
母は関東オークス2着などの実績。
ややズブイ面があるので、今回はブリンカーを着用。追うマーカンド騎手と相まって効果が出れば楽しみ。

 

中山7R 2歳未勝利(芝2000m)

①インヴェントーレ
愛知杯などを勝ったワンブレスアウェイの初仔。
馬体重がもう少し増えればさらに良くなりそうだが、現状でもいい追い切りを披露。
能力からも期待。

⑪グランベルナデット
母は北米芝重賞を勝っている名牝。
Storm Cat3×4があるうえに、母方の血はディープインパクト系と相性のいい血が多い。
新馬こそ人気を裏切ったが、OCDの影響もあったか。早めに除去施術を行い、年内復帰。
内にささるという右回りをこなせば。

 

阪神7R 2歳未勝利(芝1400m)

④サムシンググッド
前走は後方からの競馬となってしまったが、いい脚は使えた。
中間プールを多用したことで、行き脚がつけば。

 

中山9R ひいらぎ賞(芝1600m)

②フォーカルフラワー
姉にカレンブーケドール。
姉よりは小柄も、実践的な部分は共通か。
最終追い切りも馬なりで動きよく先着と好気配。
立ち回って連勝を。

ティファニードンナ
祖母はカジノドライヴの姉であり、ベルモントSなどを勝った名牝。
気難しさがありながら加速ラップで勝った新馬は好内容。素質の高さをうかがえた。
間をあけての一戦。成長した姿を見せることができれば、クラシック戦線でも楽しみ。

⑦メリオルヴィータ
勝ち上がりこそダートであるが、芝でも2着があるように、大丈夫なタイプ。
高速決着となると不安はあるも、溜めつつ付いていくことができれば勝機も。

 

中京9R 中京2歳ステークス(芝1200m)

⑥ニシノトキメキ
前走は重賞ということもあって敗れたものの、先行するスピードは見せた。
もたれ癖があるも、乗りこみ量を増やし、馬具を工夫することで対策。
乃木坂競馬部的には西野七瀬さんがトキトキメキメキを歌ってくれるかのような名前でときめいてしまいそう。

⑧クリダーム
重賞2着があるように能力はここでも通用。
気性面と二の脚で先行しているも、スタート考えると外枠なら番手の方が良さそう。
最終追い切りも素軽い動きを披露。スピードを活かして。

 

誕生日ですが、自分が指名した馬の出走はないようですね。
皆様が指名した馬に頑張ってもらいたいものです。

それとともに、今後ともよろしくお願いいたします。

阪神ジュベナイルフィリーズに出走する乃木坂競馬部POG指名馬と、軽く予想も

前回の日記で紹介した中ですと、サトノグランツが未勝利を脱出しましたね。
おめでとうございます。
それでは残りの紹介、すなわち、阪神ジュベナイルフィリーズに出走するPOG指名馬の紹介をおこないましょう。

③シンリョクカ
乃木坂競馬部ならみんな大好き?レイカーラの仔。つまり、インターミッションの妹。
レイカーラの仔の中では比較的早い時期から動くことができていたうえに、新馬戦もハイレベルな中での完勝と内容面についても文句なし。
枠も今の阪神芝コースならいい感じの内側に入った。
魅力たっぷり。

⑨リバティアイランド
前走の敗戦は直線で前が開かなかった分。能力の高さは見せつけた。
不器用さは残るものの、世代トップクラスの能力。
スムーズに運べることができれば。

⑰ウンブライル
ステルヴィオの全妹。
ロードカナロア×母の父ファルブラヴは言わずもがなニックス配合で、本馬も兄同様高いスピード能力の持ち主。
距離延長して初の1600mに不安はあるものの、マイルならスピード能力でこなせる。

ラヴェル
日本で一番旬な牝系。半姉ナミュールは昨年出遅れての4着だったが、末脚は物凄かった。
姉同様鋭い脚の持ち主。アルテミスSの勝ち方も見事。
姉の雪辱を果たす。

 

【予想】
ラヴェル
○モリアーナ
▲シンリョクカ
△リバティアイランド
☆ウンブライル、サンティーテソーロ
他、府中の芝1600~1800mで実績のある馬

枠順を見て悩んだ。ラヴェル大外。
週の頭からラヴェルと言っていた身からすると、大外枠で大丈夫かという心配はある。
ただ、キャロットでの募集動画で見たラヴェルの動きに惚れていたのも事実。可動域が広く、それでいて滑らかにブレも少なく動ける。これが旬の血統か。見た目以上に走ると感じた。
最重要ステップレースのアルテミスSを勝利。
姉同様スタートに不安を残すも、大外ならかえって好都合。
末脚炸裂して、姉の雪辱を果たす。

今の阪神芝はイン前馬場。なら、モリアーナがマッチしそう。
府中芝1600と札幌芝1800と、求められるものが異なるコースでの連勝は能力がある証拠。
武藤雅にとっては、姉が名付け、父が調教した馬でG1制覇のチャンス。

シンリョクカ、新馬はハイレベルでもあるし、能力はかなり高いはず。目を瞑りたいところはあるけど、まあ……。

リバティアイランドを本命にしないのは個人的な信条というか。
凄い筋肉の付き方をしているのは認める。
ただ、少しバランスが悪いってずっと感じているんですよ……。
アルテミスS不利あって2着なら、当然ここでも。

ウンブライルはスピード能力の高さに期待。

サンティーテソーロは内から前に行ける馬。

後は、能力が必要な府中芝1600~1800で実績をあげている馬も押さえに。

そんなところです。
乃木坂競馬部創部記念日ですし、部長として当てたいところです。

乃木坂競馬部創部記念日である12月11日(日)に出走するPOG指名馬紹介

12月11日は、なのださんが初めて「#乃木坂競馬部」を使ってつぶやいた日。
初めての投稿は阪神ジュベナイルフィリーズでした。
勝った馬はソウルスターリング。世界的良血、早熟の天才少女でした。改めてその名の響きを聴くと、いとしさと切なさを共に感じますね(心強さはない)。

そういうわけで、12月11日は、乃木坂競馬部の創部記念日。早6周年となりました。
ここまで続けることができたのも、SNS上なりリアルなりでお世話になった皆様のおかげです。あらためて感謝申し上げます。
これからも末永く乃木坂46と競馬と、それとちょっぴり乃木坂競馬部のことをよろしくお願いいたします。

そんな記念日なので、久しぶりに出走する乃木坂競馬部POG指名馬の紹介をしましょうね。

 

中京1R 2歳未勝利(ダート1800m)

①アルムエアフォルク
前走は出遅れて大外を回してタイム差なしの2着。
再度の最内枠。血統的には外寄りの方がいいが、コースは内側の方が有利。
スタート出れば、力量的にも上位の存在。

 

阪神2R 2歳未勝利(ダート1400m)

⑦フライングブレード
父も母もともに中辻明氏所有のバンブー牧場生産馬。Kingmamboの3×3は狙ったところか。
現状単調さが出ている印象ではあるが、調教は良化気配。
ダートに替わってスピードを活かせれば。

⑩ヘンリー
祖母キャッチータイトルはメジャーエンブレムの母としても有名。ディープブリランテヘニーヒューズと重ねられてことで、よりパワフルさが出てきたイメージ。
前走は最後にもたれた感。
一度使われて上昇。

 

阪神3R 2歳未勝利(芝1800m)

⑪サトノグランツ
きょうだいにダイアナブライトやワーケアなどがいる良血。ハイレベルな2戦目で良化を見せた。
サトノダイヤモンド産駒で馬体からも本格化は先であろうが、調教の内容も良く、好勝負。

 

中京4R 2歳未勝利(芝1400m)

⑤スプル
前走は道中かかり気味の上、直線で勝ち馬によられる不利。手応えから勝てたとは言わないまでも、敗因はある程度はっきりしている。
今回2着だった新馬と同じ中京芝1400mの条件。
血統的にも距離短縮で狙いたいミッキーアイル産駒。

 

中山5R メイクデビュー中山(芝1800m)

⑫ダノンソレイユ
きょうだいにダノンレジェンドやダノンキングリーがいる良血。
馬体、精神面ともにこれからの馬ではあるが、1か月以上に渡ってじっくりと乗りこまれてきた。
良血のポテンシャルに期待。

 

阪神6R 2歳1勝クラス(ダート1200m)

⑤ルクルス
古くはコスモドリームオースミシャダイラッキーゲラン、最近ではハクサンムーン(同馬の半姉)などを輩出しているゲラン牝系。
血統的には先で楽しみなものであるが、状態自体は良さそう。
新馬の時計こそ平凡も、間隔をあけて成長。時計を詰めれば。

 

阪神ジュベナイルフィリーズに出走する馬の紹介や予想はのちほど。

というわけで、今後も乃木坂競馬部をよろしくお願いいたします。

お久しぶりの出走するPOG指名馬紹介(8月20日土曜日)

ご無沙汰しております。
乃木坂競馬部です。

22-23シーズンのPOGが始まっているにもかかわらず、出走馬の紹介記事を書いておりませんでした。
申し訳ございません。
ようやく書けるような状態になりつつあるので、これからはできる限り書けるようにしたいものです。

その久しぶりとなる出走馬紹介。幸か不幸か出走頭数が少ないので、ブログを書くのは楽ですね。
注目馬もいますので、しっかりと紹介していきます。

 

札幌2R 2歳未勝利(ダート1700m) 発走時刻10:25

⑦ドゥラエレーデ
前走は逃げて2着。枠内駐立不良があったということで確認すると、スタート直前まで首は内側を向いていた。やや気合いをつけて逃げたのも、この駐立不良と最内だったからと考えられる。
ダート替わりにプラスは感じないが、ゲート練習もしたうえでの中ほどの枠は悪くない。
力を出せば好勝負。

 

札幌5R メイクデビュー札幌(芝1500m) 発走時刻12:15

⑥ドルチェモア
JRA桜花賞アユサンの仔。きょうだいたちよりは早い時期から走れそうとの評判で、事実夏の札幌でのデビュー。
本数を重ねての最終追い切りは遅れたものの、フットワーク自体は重さもなく軽快。
初戦から期待したい。

⑫エコロジョイアー
半姉ファインルージュの良血。
トモの盛り上がりが凄く、馬体の迫力は2歳馬とは思えないほど。
厩舎の方針や思いの外おっとりとした馬自身の気性からじっくりと乗りこまれてきた結果、いい意味でピリッとしてきた。
最終追い切りではやや内目を回ったとはいえ先行した馬に先着。少し仕掛けたときの反応も良かった。
姉同様、いやそれ以上の活躍もできる。

 

 

熱き日に栄冠を掴む者よ〜東京優駿(日本ダービー)の予想〜

「強いなぁ」

雨が降っている銀座で友人のグリーンチャンネルwebを見ながらつぶやいた。

共同通信杯。自分の本命はダノンスコーピオンだった。乃木坂競馬部POG(外れ)ドラフト1位馬なのだし、一番人気に支持される戦績を引っさげての参戦だし。

だけど、雨降る府中の直線を鮮やかに抜け出したのは、同じ勝負服の違う馬だった。

ダノンベルーガ

まずは、あのとき感じた強さに、素直に従う。

皐月賞は4着。

とはいっても力負けではない。明確な敗因はある。

もともと右トモが甘く右回りに不安があった同馬。加えて終始荒れた内側を走らされてのものであるのだから、むしろ負けて強しの内容。

今度は得意の左回り、共同通信杯と同じ府中に戻る。

なら、あのとき見せた強さで栄光のゴールを真っ先に駆け抜けるはずだ。

 

昨年のこの時期「来年の東京優駿を勝つのはこの馬だ」とPOGで1位指名したのがキラーアビリティ(なお抽選で外す)。

詳しい理由を書くのも長くなるので簡単に言ってしまえば、母方にIn RealityとSeattle Slewを持ったディープインパクト産駒ですよね東京優駿を勝つのは、ということ。コマンドラインやリアドなどもいたけど、一番いいのはキラーアビリティで、実際駒を進めたのは目論見通り。

皐月賞は荒れた内側で自身も荒れた感じで大敗したけど、今回は条件好転。状態もアップ。

一応2歳王者でもあるし、反撃するところは見たい。

 

イクイノックスに関しては、キタサンブラック種牡馬としてのポテンシャルを見たいところ。母の父キングヘイローのトレンドを見直したいところ。

強さは昨年見せつけているので、あとは大外枠と自身の中では詰めたローテがどう出るか。

 

ジオグリフ。考えてみれば共同通信杯57キロで1分48秒1は能力がないとできないこと。

ノド鳴りの影響さえ出なければここでも好走は確実。

 

ドウデュースは世代トップレベルの強さがあるのは明らか。

ただ、トップレベルではあるけど突き抜けていない、あくまで善戦マンが本質というのが自分の評価。

多分複勝圏内にはくるけど、勝つかは微妙。

 

3列目は他にもいろいろと。

 

そんなところです。

暑い日に熱い勝負を。

そして、全馬無事で。

ダービー楽しみましょう。

乃木坂競馬部POG2022-2023ルール発表!!

ゴールデンウィーク、関東は雨のスタート。本日は格別どこかに行く予定もなかったので、こうやってブログを書いております。
笠松競馬場ではオグリキャップ目当てにたくさん人が集まったようで。「ウマ娘」というコンテンツ、特にストーリー自体は悪いものではないので、迷惑がかからない程度に楽しんでもらいたいものです。
そのうえで、古の名馬たちへの尊敬の念を抱く機会になってもらえれば、というのが自分の想いです。

さて、ゴールデンウィークの期間、何しましょう。
競馬はクラシック戦線真っただ中。また、POG本も発売され、2歳馬の入厩も始まり、新シーズンの指名馬検討にも熱が入るころです。
そうですね、それならPOGの検討をしてみましょうか。
皆様のおかげで盛況な乃木坂競馬部POG。もちろん2022-2023シーズンも開催いたします。
ということで、おまたせしました。乃木坂競馬部POG2022-2023のルールを発表いたします。といっても、大きな変化はないのですけどね(細かい変化はありますが)。
以下、2022-2023シーズンのルールを記載しておきますので、ご確認ください。

 

 

乃木坂競馬部POG2022-2023ルール

1.総論

(1)指名の対象となるのは2022年に2歳となる馬である。

 

(2)期間は2022年のJRA新馬戦開始から翌年(2023年)の東京優駿終了までとする。

 

(3)特別に前項で定められた期間以降であっても地方競馬のダービーシリーズに該当するレース(九州ダービー栄城賞東京ダービー兵庫ダービー、東北優駿東海ダービー北海優駿、高知優駿)とジャパンダートダービーはポイント対象レースとする。

 

(4)登録枠は、制限なし・重複なし4枠(牡馬2頭・牝馬2頭)と制限あり・重複あり6枠(牡馬3頭・牝馬3頭)の計10頭とする。

 

(5)10頭の中で新種牡馬(2019年に日本の牧場で新しく供用された種牡馬のことをいう。以前に海外で供用されていたものも含む)の産駒を必ず1頭以上指名すること

※海外で供用されている新種牡馬はこの条件に該当しません。

 

(6)10頭の中で乃木坂46に関係する名前の馬を必ず1頭以上指名すること。なお、母が乃木坂46に関係する名前の馬でもよい。

乃木坂46に関係する馬とは、メンバーの名前や愛称がついている馬(例:ニシノフラワー、アシュリン)や曲名がついている馬(例:ダンケシェーン、インフルエンサーシンクロニシティ、ソンナバカナ)などをいいます。
メンバーには乃木坂46を卒業したメンバーも含まれます。また、今年から加入した5期生も含まれます(謹慎が明けましたし、中西アルノ、岡本姫奈も対象です)。
ただし、「マイネル」など区切りから一目で分かりにくいものは除きます。
また、曲名の一部のみついている場合も除きます。
なお、判断基準は主催者(乃木なのだ)の主観という曖昧なものですが、ご了承ください。

 

(7)ポイントは獲得賞金による(地方、海外含む)。
ただし、制限あり・重複あり6枠で指名者が重複した馬の場合は、その指名者の人数によりポイントを減ずる。
また、2022年のJRA新馬戦開始以前に獲得した賞金はポイントに含まれない。

※海外競馬の賞金は、米ドルの場合、100倍とします。

 

(8)乃木坂46に関連する名前のレースの場合、ポイントを2倍とする。

乃木坂46に関係するレースとは、メンバーの名前や愛称がついているレース(例:エリカ賞、あやめ賞、飛鳥ステークス(古馬のレースですけど))や曲名がついているレース(例:逃げ水賞(大井で1回しか行われていませんが))、乃木坂賞などをいいます。例に挙げたものがほとんど古馬のレースなのは何ででしょうかね…。

 

(9)参加者は、主催者(乃木なのだ:@nogi_nanoda46)にTwitterのダイレクトメール(以下「DM」とする。)で参加表明をした上、5月22日(日)の23時59分までに、主催者に制限なし・重複なし4枠の指名馬リストを提出する(提出方法はDMやLINE、メールでお願いします)。その後、5月29日(日)の23時59分までに、主催者に制限あり・重複あり6枠の指名馬リストを提出する。

※期限に間に合うよう提出し、0時からは乃木坂工事中を楽しんでください。

 

(10)指名馬リストは、「○○(母の名前)の2020」と記載し、併せて父の名前、母の父の名前、性別、生産牧場を記載すること。馬名が決定している場合は併せて記載してもよい。

※馬名が乃木坂枠に関連する場合は記載をお願いします。また、乃木坂枠であることを添えていただけるとありがたいです。

※毎年この形式通り書いていない人が多くいます。お手数ですが、POGの円滑な運営のため、ご協力をお願いいたします。

 

 

2.制限なし・重複なし4枠について

(1)指名リストに牡馬、牝馬ごと順位を付したうえで、牡馬2頭、牝馬2頭の計4頭を指名する。補欠リストとして3位以降の順位を付して記載してもよい。

※繰り上がり等が予想されるため、補欠リストはたくさん記載するようお願いします。また、補欠リストにも順位はしっかりと付すようお願いします。牡馬・牝馬それぞれ12頭ずつ書けば大丈夫だと思われます(それでも不足することもあり)。

 

(2)指名リスト最上位の馬で、指名の重複がない場合は、その馬を獲得することができる。

 

(3)指名馬が重複した場合、獲得馬は、以下の順により決定する。

  • 別順位で指名馬が重複した場合は、指名順位が上の者が優先してその馬を獲得することができる。その場合、指名順位が下の者は、下位順位指名馬の順位を繰り上げるものとする。
  • 同順位で指名馬が重複した場合は、指名リストで付された順位が上の者が優先してその馬を獲得することができる(外れ1位、2位の場合を想定。例えば、繰り上がり等が起こり、牡馬2位で重複した場合、指名リストが3位の者と指名リスト4位の者がいたならば、指名リスト3位の者が優先してその馬を獲得することができる)。
  • 指名リストで付された順位も同じ場合は、主催者が抽選アプリを使用して厳正な抽選を行う。主催者は、公正担保のため、抽選結果を保存、開示する。獲得できなかった者は、下位順位の指名馬の順位を繰り上げるものとする。

 

(4)主催者は、指名の結果、補欠馬を含めても獲得できたのが4頭に満たなかった者に対し、不足している旨の通知を5月24日(火)までに行う。不足者は、不足分の指名を行い、5月26日(木)までにリストを主催者に提出する。

 

(5)主催者は5月27日(金)までに参加者の制限なし・重複なし枠獲得馬を公表する。

 

 

3.制限あり・重複あり6枠について

(1)参加者により制限なし・重複なし4枠で獲得された馬は指名することができない。

 

(2)社台グループ系牧場(社台ファームノーザンファーム追分ファーム、社台コーポレーション白老ファーム、Shadai Farm、Northern Farm、Teruya Yoshida)産の馬は1頭しか指名できない。

※社台牧場は社台グループの始祖ともいえる牧場ですが、ここには含めません。

※ほかの社台グループ制限があるPOGではレイクヴィラファームも社台グループに含めていることが多いですが、乃木坂競馬部POGでは今回も含めないことにします。

※社台グループ系牧場で書き落としがあるかもしれませんが、その場合でも社台グループ系牧場に含まれるばあいがありますので、ご注意ください。

 

(3)制限あり・重複あり6枠の中で同一の種牡馬を指名することはできない。

※制限なし・重複なし4枠で指名した馬の種牡馬と同一のものは指名できます。

 

(4)ポイントは以下による。

  • 重複しなかった場合(1名指名した場合):獲得賞金そのまま
  • 2名指名した場合:獲得賞金×0.9
  • 3名指名した場合:獲得賞金×0.8
  • 4名指名した場合:獲得賞金×0.7
  • 5名指名した場合:獲得賞金×0.6
  • 6名以上指名した場合:獲得賞金×0.5

 

 

4.その他

(1)リストの追加・変更等はそれぞれの提出期限まで認める。その場合、最新のものがリストとされる。

 

(2)同一人物による複数アカウントでの参加は認められない。

 

(3)問題が生じた場合、主催者が裁定し、参加者はその指示に従う。

 

(4)参加者や指名馬を罵倒する等不適切な行為があった場合、主催者はその行為者を当POGから除外することができる。

 

(5)5月30日(月)から6月3日(金)までを補正期間とし、主催者は、獲得馬の不足等があった参加者に対し、是正を求める。 

 

 

ルールについて質問がある方は、遠慮なくTwitter等で乃木なのだ部長にお聞きください。

皆さん、楽しくPOGを行いましょう。

よろしくお願いします。