46度の坂を駆け上がれ

乃木坂競馬部非公認公式ブログ 乃木坂46や競馬のことなどを緩く語るブログ 4ハロンの坂を46秒で駆け上がれ

大歓声を君に ~マイルチャンピオンシップの予想~

惚れたものを、ずっと追いかけなければいけない。競馬でも、人生でも。

まあ、人生では引き際も必要だけど。

競馬において「惚れた」ということは、ピンとくるものがあったということだから、その馬が走る可能性は低くない。なら、すっと追いかけましょうよ、嫌いになるまで。

 

自分にとってグランアレグリアは、惚れた馬だった。

だからこそ、今年の安田記念、熱発明けということで無印にしてしまったのは、悔いが残る。

必ずしも適距離ではないスプリント戦での圧巻の走り。

今回の舞台阪神芝マイルは桜花賞で驚異的なタイムを出した条件でもある。

惚れたものには逆らうな。

場内での観客は入場制限で少ないが、Gran Alegria(大歓声)を惚れた馬には届けたい。

 

他、気になるのはグランアレグリアに2勝1敗と勝ち越しているアドマイヤマーズ。

 

そんなところです。

今回は短い。

ハイセイコー記念の予想

少頭数ではあるものの、重賞好走馬が揃ったハイセイコー記念

昨日は圧倒的にイン前有利馬場だったので、そこを踏まえての検討をしないと。

前に行きそうなのは、ジョーロノとアランバローズ。特にアランバローズの鞍上左海は大外からでも引かずに逃げる。

問題は左海がよく乗る小久保厩舎との兼ね合い。構わず逃げれば完成度とスピード能力からそのままもあり得るが、競った場合に距離延長はどうか。

前に行って安心なのはジョーロノの方か。どハイペースとなった鎌倉記念で粘っての3着は評価できる。

実力を考えればマカベウス。ゴールドジュニアから平和賞にかけての成長ぶりは目を見張る。

何故使うのかの疑問はあるが、それでも。

ということで

◎ジョーロノ

○マカベウス

▲アランバローズ

にします。

少頭数ですし、絞って買いたいですね。

第26回乃木坂46表題曲センター賞のフォーメーション予想

乃木坂ファンにとって選抜発表というのは一大イベントのようで。

確かに、その時だけは異様な雰囲気になる。特に、終わった後の雰囲気といったら、なんと言えばよいのやら。みんなで平和的にいきましょうよ、とも言いたくなるけどね。

 

乃木坂競馬部というものを運営していると、やはり「予想」というものがつくと、手を出してみたくなる。ましてや「フォーメーション」となると、マークシートを塗るのかと思わんばかりである(いや思わない)。

そこで、ちょっくら26枚目シングル表題曲のフォーメーションを予想してみましょう、ということになったわけです。

 

ちにみに、当たらないと思うけど、あったらいいな、と思ってツイートしたのはこちら。

これはこれで見たいんですけどね。

 

ここからは、現実的でバランスを考えた上での予想。

まずは人数。

現在メンバー数が46人。新4期生は入れないと仮定して(そもそもこの仮定が間違いの可能性があるけど)41人。それを半分にすれば、20.5となる。まあ、最近よくある21人選抜でしょう。

ならフォーメーションは、過去の実績も考えると、5-7-9が一番可能性高い。

おそらくセンターの大本命は齋藤飛鳥なんだろうけど、エキシビジョンレースだった前走「Route246賞」でもセンター。またセンターでは代わり映えしないとも思える。

なので、敢えて初センターとなる人で予想してみます。

ということで、以下の画像がフォーメーション予想。

f:id:nogihanro46:20201115233541p:plain

センターは山下美月にしてみました。

センターになったことがなく、センター適性が高いのは、やはり山下美月。上のツイートのとき、つまり、若月佑美卒業セレモニーの時、若から美月は「乃木坂の核になる」と言われました。核になるなら、やはりセンター。そのときは来た。

まあ、単純になのださんが美月ちゃんのセンターを見たいだけですけど()

 

そのサイドに4期2強を置いて、さらにその横に飛鳥ちゃんと未央奈で世代交代をアピールしつつ、各期がいますよ、の配慮もするという、ありがちな配置。

 

2列目に経験豊富なお姉さま方を置いて、フロントを支えるというよくあるパターン。2列目サイドに専門紙乃木坂46新聞の表紙だった与田梅を配置しておけば、なんだかしっくりするのかな。

 

3列目は2期、3期、4期から3名ずつ。

3期についてはまあこの3人でしょう。位置は変わるかもしれないけど。

2期は写真集出版お祝いで絢音ちゃんも。

4期は新4期を考えない前提+スキッツでの勢いでこの3人。それなら聖来かもしれないけどさ。あやめちゃんは成長放牧段階(昔の飛鳥ちゃんと同じ)。

 

こんな感じです。

皆さん、誰が選抜になっても、或いは推しが選ばれなくても、誹謗中傷はやめましょうね。選抜も、選ばれなかった人も、全員が乃木坂46であることには変わりないのだから。そして、乃木坂46を応援しているのだから。

君の名は希望(エスポワール)

11月初旬に池袋の某店に入ったら「エリザベス女王杯の馬券投票イベント」なるものをやっていたので、キャストにドリンクサービスをして書いたわけです。正直、レースより10日前に荒れそうな牝馬G1の予想なんてできるものではありませんが。

結果書いたのが、こちら。

出ませんよね()

 

その後10日経って、まあ悩む。例年と違う阪神での開催。意外と高速の馬場。考えないといけないことが多く、どうしましょう。

ラッキーライラックは枠が内なら中心にしよう、と思っていたけど、見事に大外。

なら、「クロコスミア」と書いた後に、書き直して投票した馬をそのまま本命にするのがいいんでしょうね。

エスポワール。

通常の阪神芝2200なら合いそうな血統ですし、実際自身も阪神コース得意。今年のメンバーなら出たなりに前につけられそう。外枠といっても、このコースならそこまで問題視しなくてもいい。

懸念は高速馬場も、地力強化した今なら大丈夫と考えたい。

エスポワールはフランス語で「希望」という意味。希望溢れるレースを見たい。

 

以下ディープ産駒と一応ラッキーライラック

それと、大穴でリュヌルージュ。枠はいいところを引いたし、気分良く前に行ければ。

 

そんなところです。

今年も門別競馬ありがとうございました

秋華賞菊花賞天皇賞(秋)、そしてJBC。歴史的記録が達成され、観客も制限されながらも熱狂渦巻く競馬界。

怒涛のように駆け抜けた数週間でした。

 

気がつけば11月。秋の西日がまぶしい季節になりました。

今年ももうすぐ。

 

11月になると、「二人セゾン」の歌詞が身に染みるのです。

『二人セゾン二人セゾン 春夏で恋をして 二人セゾン二人セゾン 秋冬で去って行く』

 

秋冬。プロ野球界の自由契約等、去っていく季節でもあるのです。

去っていくもの。

気がつけば、門別競馬も今日が今年の最終日。

春夏に2歳戦で恋をし(道営POG等で楽しみました)、秋冬で去っていく。

 

今年の門別競馬もいろいろありました。

今年から北海道2最優駿がJBC2歳優駿に変わり、その変わった1回目を見事に地元のラッキードリームが勝ったという快挙も先日ありました。

そして、門別競馬最後の大一番、道営記念が行われます。

復活したスーパーステションが出ないのは残念ですが、豪華なメンバーが揃いました。

人気はJRAから転入してきた実績馬のクインズサターンやルールソヴァールあたり。

ですけど、最後の大一番。やはり自分が門別競馬でお世話になった人へ、感謝の予想をしたいのです。

 

一人目は林和弘先生。つまり、リンノレジェンド。

思えば昨年の道営記念勝ち馬。連覇を期待したいですね。

 

二人目は石川倭騎手。今年もリーディングジョッキーになりました。

騎乗馬はオヤコダカ。佐賀から再転入してきた道営競馬の古豪。ずっと門別を盛り上げてきた名馬ですね。

全盛期でも道営記念はちょっと長いと言われていましたが、それでもこのコンビには頑張ってもらいたいのです。

 

林和弘先生と石川倭騎手。なんでこの二人に感謝したいかといったら、やはりラッキードリームです。

能検から期待していた同馬。乃木坂競馬部アンダーPOGで指名した馬で第1回JBC2歳優駿を勝てたのは、道営競馬好きとして嬉しかったです(配当面も含めて)。

 

再びドリームを。夢見て、今年の門別のラスト大一番も見守りたいです。

菊の血統、マルゼンへの想い

まずは秋華賞の反省。

週中、こんなツイートをしていたんですけどね。

結果はこうでした。

はい、11頭もいたからと言われればそうですが、見事に1~8着を独占しました。やっぱり牝馬はSpecialを持っていないと駄目な時代なんですよ。

 

で、なのださん、なぜかマジックキャッスルを消してハズレ。

何をやっているんですかね…。

 

今週は菊花賞。長距離レースとあって、血統が重要といわれますね。

ものすごくざっくりと言います。

NijinskyかSadler's  Wellsの血を持っている馬を狙え」

 

そうなると、無敗の三冠を狙うコントレイルがいらなくなってしまうんですけどね。

ただ、必ず持っていないといけないわけではないので。持っていなくても勝っている馬はいますし。

ディープインパクト産駒であるコントレイルは、ディープインパクトミオスタチン遺伝子がTT型(一般的に長距離適性が高い)であると言われていることから、少なくともCT型(一般的に中距離適性が高い)。能力差を考えればあっさりの三冠もあるでしょう。

 

ただ、そうするとその前に書いた「NijinskyかSadler's  Wellsの血を持っている馬を狙え」が何のために書いたの、ってなるので、しっかりと回収します。

この2つの血は長く脚が使えてタフであるから菊花賞では重宝されるんですよね。3000mでも最後までしっかりと伸びる。

で、今年の菊花賞でこの2頭のどちらかを持っている馬たちはこちら。

 

<Nijinsky>

・ディアマンミノル

・マンオブスピリット

・ディープボンド

アリストテレス

・バビット

・ロバートソンキー

・ヴァルコス

<Sadler's  Wells>

・サトノインプレッサ

アリストテレス

・ターキッシュプレス

 

エピファネイアNijinskyとSadler's  Wellsの両方を持っていて、一口で2度おいしい種牡馬。自身も菊花賞を勝っていますしね。

ということで、コントレイルからこの9頭へのBOXでいいんじゃないの?

…とここで終わらせることは可能です。

ただ、それだけで終わりでは、単なる血統予想と同じになってしまいます。

乃木坂競馬部としての独自性を出さなくては(出さなくてよい)。

そんな時に、とある訃報を見てしまったのです。

 

『橋本善吉氏死去』

 

橋本善吉さんといえば、オリンピアンであり現五輪担当大臣等である橋本聖子さんの父親。それと同時に、競走馬等を生産する牧場も有していました。

橋本善吉さんがアメリカのキーンランドセールで一頭の繁殖牝馬を購入します。その馬はシルという馬で、Nijinskyを受胎していました。橋本牧場に持ち込まれて生まれたのが、マルゼンスキー。様々な逸話を生んだ名馬となりました。

マルゼンスキー種牡馬、母の父としても優秀で、その血を持った馬は現在の競馬界でも多くいます。

今回の菊花賞でいえば、アリストテレスとディープボンドの2頭。

なら、その2頭をコントレイルの相手で重めに買うというのもいいかな、と思っていたのですが、マルゼンスキー菊花賞で一頭の馬を思い出したのです。

ライスシャワー。母の父にマルゼンスキーを持った菊花賞馬。そして、ミホノブルボンの無敗の三冠の夢を打ち砕いた馬です。

 

ディープボンドの血統表をもう一度見てみました。

ディープボンドの祖母モガミポイント(父マルゼンスキー)は橋本善吉さんの橋本牧場生産馬。モガミポイントの祖母はクリヒデといいます。

クリヒデは天皇賞(秋)(当時は3200m)を勝った名牝で、繁殖牝馬としても重賞馬のクリイワイ、クリアヤメを輩出するなど優秀でした。

そのクリヒデを所有していたのが栗林友二さん。ユートピア牧場を買収した人です。

そのユートピア牧場から現れたのが、ライスシャワー

 

繋がってしまいました。

 

今年の菊花賞、コントレイルの無敗の三冠が注目されています。

その前、無敗の三冠を阻止したライスシャワーは、橋本善吉さん生産のマルゼンスキーの血を持ち、栗林友二さんをルーツとするユートピア牧場から出た馬でした。

ディープボンドはマルゼンスキーの血を持ち、牝系は栗林友二さんの所有馬クリヒデをルーツとしています。

なら今年、無敗の三冠を阻止するのはディープボンドだ。

同一馬主で三冠の邪魔をされるとは考えにくいですけど、それでもこの血統的背景には賭けてみたくもなるのです。

ライスシャワーが一番好きな菊花賞馬である自分にとって。

 

◎ディープボンド

○コントレイル

アリストテレス

△その他NijinskyやSadler's  Wellsを持った馬

 

橋本善吉さんのお悔やみを申し上げます。

今年もオータムセールが始まったので、オータムセールPOGの成績を振り返る

昨日はデアリングタクトの史上初・無敗の牝馬三冠馬誕生に沸いた競馬界。

一日明けて今日からはオータムセールです。

 

そういえば、昨年はオータムセールPOGというのがありましたね。オータムセール上場馬の中からセールより前に血統と写真と測尺くらいで指名馬を決めるという、かなりマニアックなPOGなんですが。まあ、自分も喜んで参加しているわけですが()

セールより1年が経過したので、ここらで現在の成績等を振り返ってみようと思います。

 

①テイズオブグレイス(グレイスノートの2018)

父:スマートファルコン

生産者:岡田スタッド

調教師:稲益貴弘(船橋)

基本的にオータムセールなら、変に芝向きの馬を狙うより、手堅くダート寄りの馬を選ぶ方が賞金的にはベター。ということで、スマートファルコン産駒。

船橋でデビューして、新馬は2着。これなら少しはいけるかな、と思ったけど、2戦目はシンガリ負け。

稲益厩舎ですし、しぶとく活躍してくれるのを期待したいです。

 

②マーズスペリオーレ(シップスログの2018)

父:アジアエクスプレス

生産者:能登

調教師:戸田博文(美浦)

種牡馬として地方では半分近くが勝ち上がり、重賞も勝った馬を輩出しているアジアエクスプレス。トモの盛り上がりがすごい産駒が多く、予想以上に走る仔を出しそう。

そこにチュウワウィザードなどを出しているファンシミン牝系だから、期待大。

戸田厩舎でデビューを目指している段階。

 

③セカイノホシ(セカイノカナの2018)

父:カレンブラックヒル

生産者:坂本牧

調教師:林和弘(門別)

母がセカイノ「カナ」だから、乃木坂枠での指名。セカイノカナの初仔であるカナグランプリが名古屋競馬とはいえ重賞戦線まで進んでいたので、なら大丈夫かと思って指名。

セールで林正夫先生が落札して思わずガッツポーズ。

ここまで3勝に、重賞フルールカップの3着も含まれ、早くも取引価格以上の賞金を獲得。

カレンブラックヒル譲りのスピードで、今後も短距離中心に頑張ってもらいたい。

 

④ベルジークザンダー(ピサノロマンの2018)

父:トランセンド

生産者:野表俊一

調教師:須田和伸(大井)

モンゲートラオなどがいて、トランセンド産駒も頑張っているな。そう思って指名したのが同馬。

須田厩舎からデビューし、新馬は2着。勝ったのがカイカヨソウの仔カイカセンゲン(2戦目も勝利)ということを考えると、ベルジークザンダーも次は期待できそう。

 

⑤ゴールドレガーメ(ベラミカントリーの2018)

父:エスポワールシチー

生産者:静内酒井牧場

エスポワールシチー産駒で母がMr. Prospector持ち、しかもべラミスキーの牝系ならダートのマイル前後で走ってくれそう。そう思って指名。

まだ厩舎が決まっていない状態で心配も、走れば大丈夫だと思いたい。

 

⑥キングヴィグラス→ロードリック(ムービングアウトの2018)

父:サウスヴィグラス

生産者:村上信治

調教師:山崎裕也(川崎)

Danzig持ちのサウスヴィグラス産駒という鉄板の配合。オータムセールの後に全兄テイエムサウスダンが兵庫ジュニアグランプリを勝った時には、弟もやってくれると思ったものです。

当初は道営でデビューの予定も、ソエ等でデビューが長引いてしまい、馬主も変わって心機一転、川崎でのデビューとなりそう。

力はあると思うので、頑張ってほしい。

 

⑦オーシャングルーヴ(ユアカラーの2018)

父:トビーズコーナー

生産者:スイートファーム

調教師:荒井朋弘(大井)

東京プリンセス賞馬スマートバベルやファルコンウイングなどの母でもあるユアカラーの仔。Danzig系のトビーズコーナーも2019年の黒潮盃でワンツーを決めるなど渋く走っているので指名。

新馬2着の後、間をあけた2戦目は人気を裏切って大敗。ひと叩きされた次回は巻き返しに期待。

 

⑧アクセル(エメラルハヤブサの2018)

父:キズナ

生産者:高村伸一

調教師:武幸四郎(栗東)

ディープインパクト系とタイキシャトルは合うはずだ。この理論の提唱者です。

同馬はCrimson Saintのインブリードもあり、血統的には楽しみな一頭。

キズナ産駒で幸四郎厩舎なら、武豊騎手が乗ってくれる可能性も大。そういった面でも楽しみ。

 

⑨ダイバオーソ(クローデルの2018)

父:フリオーソ

生産者:びらとり牧場

調教師:箕輪武(浦和)

Mr. Prospectorインブリードがあるフリオーソ産駒。しかもシンコウラブリイなどを輩出したハッピートレイルズの牝系ならスピード、パワーもありそう。そう思って指名。

デビュー戦2着の後は苦戦続きも、もう一段階パワーアップできそう。

 

⑩ロングジャーニー(ハルサンサンの2018)

父:モーリス

生産者:三村卓也

調教師:武市康男(美浦)

吉田牧場が大事にしてきたクモワカ→ワカクモ→テンポイントと続くドラマチックな牝系。ハルサンサン自身は南関東TCK女王盃を勝つなど活躍した。

その子供なら指名しないと。

芝で2戦使われて、スピードはあることを見せている。

血統的にも本質的にはダート馬だと思う。ダートで出てきたときに期待したい。

 

オータムセールのようなところから強い馬が出ることもあるのが競馬の面白いところ。

小さい牧場から無敗の牝馬三冠馬が出たわけですし、こういうところから注目したいですね。