46度の坂を駆け上がれ

乃木坂競馬部非公認公式ブログ 乃木坂46や競馬のことなどを緩く語るブログ 4ハロンの坂を46秒で駆け上がれ

7月24日(土)にデビューする乃木坂競馬部POG指名馬紹介

暑さが厳しい今日この頃。いかがお過ごしでしょうか?
4連休に東京オリンピック開幕と、文字だけ見ればお祭りムードですけど、コロナ禍で基本的に無観客ということもあるのでしょうか、あるいはいろいろな問題があったからでしょうか、なんだかオリンピックが始まるという雰囲気はあまり感じないですね。それでも始まれば変わるんでしょうか。
まあ、オリンピックと言っても、野球や馬術くらいしか見なさそうなんですけど()

 

それはさておき、オリンピック中でも競馬は開催。函館と新潟という変則開催ではありますが。
新潟開催になるからか、結構デビュー馬が多いですね。
ということで、時間の関係上デビューする馬のみの紹介となります。
ご了承ください。

 

函館5R メイクデビュー函館 ダート1700m(12:15発走)

このレースには⑪ポイズンアロウが出走する。
父は爆発的な強さを見せたArrogate。新種牡馬であり、このポイズンアロウが日本では初の出走馬となる。
Arrogateは早逝してしまったが、Fappianoの系統は全盛期におそろしいまでの強さを見せる性質を持っており、その性質を存分に発揮していたArrogateの産駒にも期待はかかる。
追い切りは、父の再来を期待すると物足りなさも見えるが、時計的には十分合格点。気性面を考えればむしろ実践型との見方もできる。
偉大なる父Arrogate種牡馬デビューをいい形にしたい。

 

新潟5R メイクデビュー新潟 芝1600m(12:30発走)

このレースには⑧プルサティーラ、⑭コリエンテス、⑱スタティスティクスが出走する。

プルサティーラは母が愛オークス勝ち馬であるカヴァートラブ。
追い切りでも一週間前は福永騎手を乗せて好時計、今週は古馬に先着と、走りそうなところを見せている。
新馬の福永騎手ということもあり、初戦から。

馬場悪化を考慮して回避したり、抽選漏れがあったりと、デビューが遅れたコリエンテス。
状態面がどうか気になるところであるが、追い切りを見る限り、軽やかな動きを見せており、調子落ちの心配はなさそう。むしろ乗りこむことでできてよくなったと思えるくらい。
POGではかなりの上位人気馬なだけに、しっかりと勝ちたい。

スタティスティクスの母トップデサイルはBCジュヴェナイルフィリーズ2着などの実績があるアメリカの名牝。
緩さが出やすいハーツクライ産駒ではあるが、母方は早期から活躍できそうな血を持っている。
1週間前追い切りでは加速ラップでラスト1F12秒0の好時計。今週の追い切りは物足りなさもあるが、それでも先着と、能力はありそう。
まだまだよくなりそうな感じを見せており、初戦で好走すれば、将来が楽しみ。

 

新潟6R メイクデビュー新潟 ダート1200m(13:00発走)

このレースには⑨キャプテンローレル、⑫シャークアタックが出走する。

キャプテンローレルの半兄は端午Sを勝ち、全日本2歳優駿でも3着に入ったルーチェドーロ。父がドレフォンに変わるのなら、よりダートの短距離で期待したい。
乗りこみ量豊富で、全体時計も合格点。
血統的にも初戦から期待したい。

シャークアタックはスティルインラブやローブデコルテなどを輩出しているSulemeifの牝系。母ブリリアント(清宮)レイで半姉が(中田)カナリキケンと、乃木坂血統でもある(なんだそりゃ)。
南Wでの動きは悪くなく、人気薄でも期待はできそう。

7月17日(土)に出走する乃木坂競馬部POG指名馬紹介

7月17日は乃木坂46北野日奈子さんのお誕生日。無邪気で元気なきいちゃん。これからも笑顔あふれる幸せな日常を過ごしてもらいたいです。
また、7月17日から宮城でのライブ。宮城ではプロ野球のオールスターもありますし、宮城にスターそろい踏みといったところですね。

競馬はJDDも終わり、しばらくは大きなレースがない時期となります。
それでも走る馬は一生懸命。
どの馬にも、その馬なりのドラマがあります。

それでは17日に出走する乃木坂競馬部POG指名馬を紹介しましょう。

 

函館1R 2歳未勝利 芝1800m(9:50発走)

このレースには⑤リチュアルと⑨ブラックボイスが出走する。

リチュアルは血統的に一度使った上積みがありそう。
スタートも前走よりはよくなるはず。
反撃したいところ。

ブラックボイスも大型馬ということで、一度使われての上昇が期待できる。
データに合ったように、メイクデビュー函館のルメールは2着が多いが、未勝利となれば変わる。
取りこぼさずに勝ちたいところ。

 

小倉5R メイクデビュー小倉 芝1800m(12:25発走)

このレースには⑦シゲルイワイザケが出走する。
これまでもノーザンファーム産のシゲルはいたが、種牡馬エピファネイア級となると初。森中氏が本気を出してきた、なんて言われる。
CWでの併せ馬は水準レベル。最終追い切りとなった坂路ではやや時計が出やすいとはいえ51秒9のラスト1F12秒2という好時計をマークした。
全姉コーディアルは、やや勝ち味に遅いところはあるが、堅実に走る素質馬。姉以上の活躍を期待したい。

それにしても、前回の乃木坂競馬部POGで13人がドラフト1位で競合したバラダセールの仔が出走するのだが、こちらは指名なし。父でそんなに変わってしまうものでしょうか、ジャスタウェイ…。

 

福島5R メイクデビュー福島 芝1800m(12:35発走)

このレースには①マジカルキュートと⑪パッションメーカーが出走する。

マジカルキュートは母が桜花賞3着のソーマジック、全姉が愛知杯を勝ち秋華賞2着のマジックキャッスルという良血。
坂路の時計もよく、初戦から素質通りの走りを披露できそう。

パッションメーカーもマジカルキュートと同じ社台RHの馬。
時計はともかく乗りこみ量は豊富。最終追い切りは一応格好がついた感じ。
母父は先日亡くなった偉大なる種牡馬Galileo。ディープ系との相性はよく、レースになって力を出してもらいたい。

 

函館11R 函館2歳ステークス 芝1200m(15:25発走)

このレースには⑦ラブミードールと⑨メリトクラシーが出走する。

ラブミードールは門別で今年最初に行われたフレッシュチャレンジの勝ち馬。つまり、今年の日本の2歳で最初に勝った馬である。
フレッシュの1分1秒6は時期を考えればかなりの好時計。栄冠賞は負けたものの、レースレベルは道営競馬史上最高と言われるほど。逃げてレースを作ったのなら立派。
血統的にダート向きであることと桑村騎手から乗り替わるのが不安材料であるが、芝に対応できれば勝負できる。

メリトクラシー新馬は調教時での評判通りの強さを見せて快勝。先行しても溜めが効くレースセンスも見せた。
シルバーステート産駒は前評判以上にスピードが勝った感じ。
中京の新馬から函館2歳というローテはあまりないが、ルメール確保は勝負の現れか。
洋芝も大丈夫なら当然勝負。

JRA2歳最初の重賞を制するのはどの馬になるか、楽しみ。

7月11日(日)に出走する乃木坂競馬部POG指名馬の紹介

10日はタケオプレミアムさん指名のサイード新馬勝ち、いわねぎさん指名のブッシュガーデンが未勝利を脱出。シエラプリンセサとコスモプルエバがデビュー戦2着と、好調だった乃木坂競馬部POG指名馬たち。
11日もその波に乗っていきたいですね。

 

函館1R 2歳未勝利 ダート1000m(9:50発走)

このレースには②フォーエバーソングと⑫ワンエルメスが出走。

フォーエバーソングは、前走の走りや血統から見て、現状ダート向きか。
5月生まれで小柄な馬だけに、連闘の今回は馬体重がカギ。
ダートで変わり身を見せたい。

ワンエルメスに関して、ブリーズアップセールのためにつくりすぎたという感じはしなかった。
どちらかと言えば、緩さが残る感じ。
芝だとスピードが乗りにくいからダートを使ってみることだろう。
外枠はむしろ好条件。

 

小倉5R メイクデビュー小倉 芝1800m(12:25発走)

このレースには⑤グランディアが出走。
ご存じ新馬に強いディアデラノビア産駒。
小柄で晩成型が多いきょうだいとは違い、7月には使えるというのは心強い。
厩舎での評価も上々。2週連続で川田騎手が調教で乗っており、調整過程もしっかりとしている。
初戦から。

 

福島5R メイクデビュー福島(ある意味メイクデビュー池袋) 芝2000m(12:35発走)

このレースには⑤モネータドーロと⑨サトノギベオンが出走。

モネータドーロに関しては、なのださん指名馬であり、以前にブログ記事を書いているので、そちらも参照に。

nogihanro46.hatenablog.com

気になるのは、ブログの後、再入厩してからトーンダウンしていること。
1週間前追い切りでは遅れ。最終追い切りでは外を回ったパートナーがほぼ追っていないのに、同馬は結構追っての併入。ゲート試験時に比べると、う~んとなってしまう。
ただ、時計自体は上々。決して脚さばきも悪いわけではない。ミルコを確保できたのも大きい。
気合が入れば初戦からでも。
出資者が運営しているお店からも、メイクデビューで勝ち上がりたい。

サトノギベオンはハクレイファームが本格的に生産に乗り出しての1期生。ハクレイファームは牝系を大事にしており、繁殖牝馬はいわゆる名牝系と言われるものを揃える。
同馬の場合、クラフティワイフ牝系、つまり、トーセンジョーダントーセンスターダムなどを輩出している系列だ。
見栄えのいい雄大な馬体。
大型馬だけに、はじめのうちは動きが重かったが、本数を重ねるごとにしっかりとしたものに。迫力のあるフットワークは素質の高さを感じる。
初戦から動ける態勢。

 

こんな感じです。
個人的な感情ですが、モネータドーロにはメイクデビューで勝ってもらいたいです。

7月10日に出走する乃木坂競馬部POG指名馬の紹介

今週の川崎競馬は結構好調。堅いレースばかり狙っていたのはありましたけど。
金曜の新馬戦は3レースとも高月厩舎の評判馬が勝ちましたね。その中でもイライジャは非社台POGで、エースストライカーは乃木坂競馬部POGで指名しているので、今後も期待したいですね。

なのださんの馬券はどうでもいいという声が聞こえましたので、10日に出走する乃木坂競馬部POG指名馬の紹介へと進みましょう。

 

函館1R 2歳未勝利 芝1200m(9:50発走)

このレースには④ブッシュガーデンが出走。
前走はスタート五分も、その後前をカットされるなどもあり中団へ。それでも最後は良く伸びて2着を確保。
レースぶりを見るともう少し長い距離の方がいい気がするが、実力は上の存在。
ルメールを配し、必勝の態勢。

 

小倉2R 2歳未勝利 芝1200m(10:35発走)

このレースには⑦コウユーキレカが出走。
前走はハナを切るのではというくらいいいスタート。ハナは勝ち馬に譲ったものの、道中2番手をとるだけのスピードもあり、直線でも粘りを見せた。
今回は距離短縮で九州産馬限定となれば、確実に勝ちたい。

 

小倉5R メイクデビュー小倉 芝1200m(12:25発走)

このレースには⑦サイードが出走。
姉にベルカントイベリスなどがいる快速一族。
1週間前追い切りでは先行したからとはいえマスターフェンサーに先着。
初戦からスピード活かして好勝負を。

 

福島5R メイクデビュー福島 芝1800m(12:35発走)

このレースには④シエラプリンセサが出走。
マルゼンスキーなどを輩出したQuillの牝系。
追い切りでは古馬相手に離れて追走しながら楽々併入。軽やかな走りを見せており、スピードはありそう。
ここ数年は不振の優駿HCだが、金曜日に川崎でレアリゼシチーがデビュー勝ちするなど、今年の2歳は走りそうな予感も。

 

福島6R メイクデビュー福島 芝1200m(13:05発走)

このレースには⑭コスモプルエバが出走。
母ケイティラブはアイビスSD勝ち馬。産駒もスピードタイプの方が多い。
南Wでの追い切り時計は水準以上。
ゴールドシップ産駒は先週ウインピクシスが福島の新馬で圧勝しており、それに続きたい。

7月4日(日)にデビューする乃木坂競馬部POG指名馬紹介

朝起きたら、桃子が乃木坂卒業、芸能界引退を発表したとあって、びっくり。歌声といい、たたずまいといい、不思議な魅力を持ったメンバーでした。
残り2か月、頑張ってもらいたいです。

 

2頭だけだった昨日に比べて、今日は8頭と多め。
サクッといきます。

 

函館5R メイクデビュー函館 芝1800m(12:15発走)

このレースには①ブラックボイス、②ブラカー、⑧リチュアル、⑭ブルーロワイヤルが出走。

ブラックボイスは血統を見ると走りそう。まあ、ディープインパクトの方が合いそうだけど。
ただ、昨日ツイートしたように、ルメールは函館の新馬で2着、3着は多いものの、勝ち切れない。

 函館滞在でしっかりと乗りこまれているように、状態は良さそうなので、勝ち切りたい。

ブラガ―の兄Verbal DexterityはヴィンセントオブライエンナショナルS勝ち馬。Galileoの3×3がいい方向に出れば面白い。

リチュアルは藤沢和雄厩舎の有終の美を飾りたいとばかりに入厩させる長谷川祐司さんの持ち馬。
血統的にはイシノサンデーなどを輩出しているJeffoの牝系。
馬体は緩いものの、乗りこみ量は豊富で、初戦から動ける態勢は整っている。

ブルーロワイヤルはクロノジェネシスなどと同じラスティックベル牝系。ライラプスの孫と言った方が通じるか。
きょうだいは期待ほどという感じであるが、同馬は函館での追い切りで動きが良くなってきたことから、期待が持てる。

 

小倉5R メイクデビュー小倉 芝1800m(12:25発走)

このレースには⑦フィデルが出走。
フィデルの姉シャンパンルームはBCジュベナイルフィリーズを勝った名牝。シャンパンルーム自体をノーザンファームに繫養していることから、この血統への期待は高いことがうかがえる。
調教でも11秒台を連発と、動いている。
評判通りの強さを見せたい。

 

福島5R メイクデビュー福島 芝1800m(12:35発走)

このレースには⑦ジェットグリッターが出走。
母ジェットスパークルからは父フジキセキのサトノスティングが5勝、父キンシャサノキセキであるジュールサイクルが2勝と、フジキセキ系との相性がいい。イスラボニータフジキセキ産駒であるので、その相性の良さが出れば、堅実に走りそう。

 

福島6R メイクデビュー福島 芝1200m(13:05発走)

このレースには④シゲルファンノユメ、⑫ルーチェディルーナが出走。

シゲルファンノユメは東京ダービー2着馬プレイザゲームの弟。
追い切りでは騎手が騎乗とはいえ南Wで好時計で先着しており、期待は持てる。

ルーチェディルーナはウインドインハーヘアなどと同じ世界の名牝系Highclereの出。全姉ヘイジ―ムーンは4勝をあげており、血統的にスピードタイプで堅実に走りそう。
調教でよく併せ馬を行っていたウィリンが昨日圧勝。
同馬も続きたい。

7月3日(土)にデビューする乃木坂競馬部POG指名馬紹介

今年も早いもので7月となりました。
今日は7月3日。乃木坂競馬部的に言えば「奈々未の日」。昨年この時期にお元気そうな姿を見せてくれましたね。お元気で幸せに過ごしていれば、それでもう充分です。

国営競馬は今週から函館・福島・小倉の三場開催。なんだか夏競馬らしくなりますね。
では、デビュー馬紹介へといきましょうか。

 

函館5R メイクデビュー池袋函館 芝1200m(12:15発走)

このレースには②フォーエバーソングが出走。
姉は昨年の九州産フィーバーを巻き起こした馬の一頭、ルクシオン。
同馬も九州産であるが、小倉の九州産限定ではなく函館でデビューというのは、馬主の育成場で育てたかったからか。
早逝した姉の分も頑張ってもらいたい。

 

小倉5R メイクデビュー小倉 芝1200m(12:25発走)

このレースには⑮シュンメキラリが出走。
バッフドオレンジ→オレンジピールと続く社台グループが持ち込んできた優秀な牝系。最近では九州の牧場でも優秀な血統を持った繁殖牝馬を導入しようという意欲が多くみられ、それが九州産の馬が強くなってきている一因になっている。
1週間前のCWでの追い切りはなかなかのもの。
名前の通り駿馬となってもらいたい。

6月の最後に 〜帝王賞の予想〜

雨が降ってきた。

「雨のときのカジノドライヴ産駒は強い」

誰に聞かせるわけでもなくつぶやく。

自分にとって都合のいいデータを集める。信じる。

競馬予想ってそんな作業だ。結局は、信じたものを信じるしかない。そのために、信じたいためのデータを信じる。

 

帝王賞の本命はカジノフォンテンにした。

いつ以来だろう、帝王賞の前日オッズで南関東の馬が一番人気になったのは。

今の時点では二番人気となってしまったが、それでも差のない二番人気。

南関東競馬ファンとしては、やはり負けてもらいたくない。

京成盃グランドマイラーズかしわ記念。どちらも着差以上に強い勝ち方。戦いやすさでいえばむしろ大井2000mの方が適している。

雨のときのカジノドライヴ産駒だ。

あとは先団につけて抜け出すだけ。

帝王賞を勝って、ダート王を確定させる。

 

対抗ミューチャリー。

帝王賞での南関東勢ワンツーが見えた前走大井記念での勝ちっぷり。

交流G1ではあと一歩というレース続きであるが、勝つときの鮮やかさはどの馬にも負けない。

大人になったからか、間隔を詰めて走らせても大丈夫に。いや、末脚を爆発させるためには詰めた方がより良いのかもしれない。

弾けたときの脚はJRA勢にだって負けない。

鮮やかに突き抜けろ、ミューチャリー。

 

もちろん、JRA勢だって強力だ。

大井2000mマイスターオメガパフューム、ドバイでも2着に入ったチュウワウィザード、勢いに乗るオーヴェルニュなどなど。

それでも、南関東競馬好きとしては見てみたいのだ。南関東生え抜きの2頭が帝王賞でワンツーを決めるところを。

そして、信じたいのだ。大井記念のゴール前、これなら帝王賞でカジノフォンテンとミューチャリーのワンツーで決まると感じた直感を。

 

6月も今日が最後。もう今年も半分が終わったことになる。

雨の日のように見通しにくい世の中。それでも、月日だけは過ぎていく。

こんな時代だ。

上半期最後に、夢を見たっていいだろう。