46度の坂を駆け上がれ

乃木坂競馬部非公認公式ブログ 乃木坂46や競馬のことなどを緩く語るブログ 4ハロンの坂を46秒で駆け上がれ

新帝王誕生へ ~帝王賞の予想~

トリプル馬単のキャリーオーバーが凄い額となっている大井競馬。

今日は帝王賞。いつも以上に買う人が増えるだろうから、どうなることやら。

 

そんな状態を生み出しているのが今の馬場。噛み合いそうで、ややずれる。前に寄せすぎてもいけないし、内に寄せすぎてもいけない。かといって、外がいいわけでもない。

とにかく総合考量。

 

では帝王賞の予想を。

 

◎モジアナフレイバー

○チュウワウィザード

▲オメガパフューム

△インティ

☆スーパーステション

他に三葉とかブラッシュとかノンコとか

 

競馬の予想というのは、本来徹底的に現実を追求しなければいけない。勝つためなら。

しかし、現実の追求にも限度がある。すべての事象を知ることは無理なのだから。

同時に、理想を求めなければいけないとも思う。競馬は「想い」がなければ成り立たない。夢を追わなければ続かない。

現実と理想の綱引き。

その狭間で悩み、信じる。

馬を、騎手を、そして自分を。

競馬予想は、ひとつの信仰だ。

だから、自分の理想を信じる。

 

久しぶりに南関東の生え抜きで楽しみな馬が現れた。モジアナフレイバー。抜群のセンスに魅力ある馬体。

課題をひとつひとつクリアしてきて、今回の大一番。

今の時点でどこまで通用するか。大井記念の内容からは、楽しみも感じる。

打倒JRA。そんな夢を見たっていいじゃないか。

 

不安が少ないのはチュウワウィザード。

右回りへの替わりはプラス。

今をときめくファンシミン牝系。

唯一の不安は最内枠も、後手に回らなければ。

 

オメガパフュームはレーンを確保しての参戦。東京大賞典と同じ舞台で斤量減は魅力。

ただ、レーンが大井の馬場にフィットできるか。いくら旋風を巻き起こしたといっても、ダートでは課題が残る。

 

トゥインクルになってから2000m以上のレースを経験したことのない馬は勝っていない。インティにはこのデータがのし掛かる。

番手も利くとはいえ、理想はスマートファルコンのようなラップでの逃げだが、実現できるか。

 

スーパーステションの東京大賞典は大健闘だった。逃げのラップも悪くない。

今回、インティが番手なんてことになれば、その上で自分でペースをつくれるならば、門別の意地が、夢が、見られるかもしれない。

 

3着候補ならたくさんいますね。どこまでやってくるか。

ただ、アポロケンタッキーはこの時期良くない馬。JRA勢のなかでは評価を下げたい。

 

帝王賞、大井の帝王がいればもっとよかったんですけどね。

そんなところです。

優駿スプリントの予想

今回も捻りのないタイトルで申し訳ない。

 

雨が降ったりやんだり晴れたり。まあ、梅雨だから不安定な天気ですよね。

そうなると、大井の馬場は読みにくい。

今日は雨が降らなかったから、多少馬場が乾いているはず。

馬場予想も含めて大井競馬。これが世界一難しい競馬場である理由の一つ。

イン有利前提で予想する(これも予想)。

 

◎アジュディカグラ

○ロイヤルビクトリー

▲ナガタブラック

△ヴァルラーム

☆カンゲキ

押さえポッドギル

穴グローリアスライブ

 

トライアルである優駿スプリントトライアル(レース名そのまんまなんだよね)はなかなかレベルの高いレース。そうなると、そこから選ぶのが筋。

中でもインを取れずに敗退したアジュディカグラは馬場を考えれば評価したほうがいい。

今回は内枠。

外から寄られる可能性はあるが、それでもうまくやり過ごしたい。

トライアル前は四連勝。反撃したい。

 

捌きやすいのはロイヤルビクトリーか。馬場利があっても、時計を考えれば優秀だった前走。流れて時計勝負になれば、血統的にも再度期待。

 

トライアル組以外だと、ナガタブラックが面白い。

前走は古馬との対決で勝利。

厳しい流れのほうがいいタイプで、相手強化がいい方向に出れば。

 

ヴァルラームは新馬でアジュディカグラに勝っているように、力は互角。

うまく潜り込めれば。

 

カンゲキに赤岡修次。なんとも感激する文字の並び。

距離短縮と、いい位置を取れれば。

 

ポッドギルは、前走で内でも大丈夫だったとはいえ、揉まれたくないところ。

ある程度突っぱねるとなると、レース自体がより混戦となる。

 

穴でグローリアスライブ。道営時代は1200mでオスピタリタやエムオータイショウと勝負をしていた以上、適正はあるはず。距離短縮で。

 

明日は帝王賞ですね。

 

宝塚記念の予想

ブログのタイトルも決まらない。そんな悩ましい宝塚記念

 

コース形態から前傾ラップになりやすいレース。最内を引いたのが前に行くであろうキセキ。

ただ、キセキの逃げはスピードを落とさず徐々にペースをあげるもの。キセキのスタート自体は早いわけではなく、無理にハナを叩く馬もいるかもしれない。

そもそもキセキが逃げるの?前傾ラップになるの?色々考えると抜けられなくなる。

 

リスグラシュー

マカヒキ

▲キセキ

レイデオロ

☆スティッフェリオ

押さえエタリオウ

穴ノーブルマー

 

どんなパターンでも対応できそうな二頭を上位に。その中でも位置を取れそうなリスグラシューを本命にした。

宝塚記念に強いサドラーの血。前傾ながらロングスパート合戦にもなりやすい同レースでは、持続的な脚を使えるハーツクライの血も魅力。

2200はエリザベス女王杯で勝利しており、適距離。

外枠の牝馬というのも宝塚記念では魅力的。

 

マカヒキは前傾+力のいる馬場なら終いまで切れる。フレンチデピュティの血は宝塚記念に強い上に、キセキの逃げにも対応可能。

今回は調教パターンを変え、動きは今までにないもの。

復活も十分あり得る。

 

元来走法から大箱向きのキセキ。唯一前傾ラップで逃げた有馬は5着。

ただ、それでも5着に踏ん張ったと見ることは可能であり、阪神2200は中山2500よりキセキ向きのペースをつくりやすい。

後手を踏まなければ。

 

キセキの逃げならキングマンボ持ちがやってくる。ペースがキングマンボ向きになるからだ。

今回はレイデオロ

連動しやすい有馬記念で2着。

完調であれば当然。

 

血統的に妙味なのがスティッフェリオ。宝塚記念といったらステイゴールド産駒の機動力と粘り。母方もしぶとさを伝えるものであり、序盤で位置を取れれば。

 

押さえに同じくステイゴールド産駒のエタリオウ。横山典弘騎手が何をしてくるか。

 

穴は昨年3着のノーブルマーズ。叩かれて上向き。

 

こんなところです。

それでも祭りは行われる ~第65回東京ダービー予想~

宇宙一の祭典・東京ダービーの日がやってきた。今年も選ばれし16頭が栄誉をかけて競う。

しかし、その中に、あの人の名がない。日本一勝った男の名がない。

的場文男地方競馬通算7225勝は日本一の記録。東京ダービーで2着になること10回。しかし、37回東京ダービーに挑戦するも、勝ち星は無し。

誰よりも東京ダービーを勝ちたいと思い、誰よりも東京ダービーの重みを知っている人物。

そんな的場の騎乗がないのだ。

怪我だからしょうがない。確かにそうなんだけど、今までなら乗っていたではないか、とも思ってしまう。

だからこそ、今回乗らないことに、今まで感じたことのない不安を覚えてしまう。

振り向いたら、漢字で2文字、ひらがなで4文字の名をした黒い影が手招きをしているのではないか。その言葉を口にしたら、文字で書いたら、本当にそうなってしまいそうなので、心に留めておきたい不安。

達成感。年齢。そして、最大のライバルが去ってしまったこと…。

齢62にしてなお健在という騎乗を見せてくれているが、ときにあれっ、なんだか、と思ってしまうこともある。

それでも、ファンを大事にしてきた的場のことだ。きっと来年の東京ダービーの舞台に立っている。そして、先頭で栄光のゴールを駆け抜けてくれるだろう。

そう信じたい。

 

ある意味東京ダービーの象徴ともいえる的場の不在。

それでも東京ダービーの響きは甘美であり、厳しくもあり、輝いている。だからこそ、的場の不在に一層の寂しさを覚えるのだが。

自分が寂しかろうが、今回の東京ダービーに携わる人は、なにがなんでも勝ちたいと願う。東京ダービーの栄冠をつかみたいと願う。

その願いを叶えるのは誰か。

 

◎ミューチャリー

○ジョーパイロライト

▲アギト

△ウィンターフェル

☆サクセッサー

☆グリードパルフェ

☆ヤマショウブラック

 

鎌倉記念羽田盃。そこでミューチャリーが見せた上り1Fのタイムは破格である。

あまりにも鮮やかだった羽田盃。あれを見れば、2冠は堅い。いや、JRA勢にも勝てるのでは。そう思わせるものだった。

燃焼型。やや細身に見える馬体も、今の驚異的な上がりタイムを出すには、むしろこのほうがいい。不安があるとすれば、適切に燃焼させることができるか。京浜盃ではなく雲取賞から羽田盃へと進んだ開けたローテーション。難しいタイプであることは、全日本2歳優駿からもわかる。

それでも、東京ダービーを勝たなくてはならない。南関東のためにも。

 

イグナシオドーロがいて、ヒカリオーソもいる。前行く馬の状態に不安はあるが、ラップとしては緩くならないはず。加えて今の馬場なら、抜け出すタイミングに難のあるウィンターフェルより、それを交わそうとする馬たちのほうに食指が動く。ジョーパイロライトやアギト。捌いてサクセッサー。グリードパルフェやヤマショウブラックあたりまで突っ込んできたら面白い。

 

さあ、祭りの時間だ。

まずは全馬無事に完走することを願う。昨日あんなことがあっただけに。

そして、素晴らしいレースが見られれば。

祈りは王位への君臨 ~第86回東京優駿(日本ダービー)の予想~

宮本輝の小説に、ダービーまでの人間模様を描いた名作「優駿」というのがある。主人公が手掛けた馬の名を「オラシオン」という。オラシオンとは、スペイン語で「祈り」という意味の言葉である。

そう、ダービーは「祈り」なのである。

すべてのホースマンが、手掛けた馬がダービーの舞台に立ってくれるように祈る。そして、ダービーを勝ってくれと祈る。

いくつもの祈りが折り重なり、特別な雰囲気を生む。

祈りがあるからこそ、ダービーは特別なレースとなる。

 

だから、ダービーの予想も、祈りなのである。

無敗の皐月賞馬サートゥルナーリア。自分は今まで抗ってきた。

それなのにダービーという舞台でサートゥルナーリアを本命にするのは、自分の信念に反する。

サートゥルナーリアを倒す馬を探す。それも一つの祈り。

 

悩んで悩んで、結論はダノンキングリーにした。

現在の超高速馬場な府中。先週のオークスで分かるように、クラシックディスタンスではディープ×Storm Catのしなやかな瞬発力がよく合う。

府中コースは2戦2勝。

枠がサートゥルナーリアの隣なら、目標にしてレースがしやすい。

兄や体形から距離不安も囁かれているが、今の高速馬場なら持つ。

あとは瞬発力で抜け出すのみ。

戸崎圭太日本ダービー初制覇に、祈りを捧げる。

 

ヴェロックスにも打倒サートゥルナーリアの期待がかかる。

中間ビシバシ追われながら馬体重が減っていないのは好調の証。

枠はやや外目も、包まれずに自分のレースができると考えれば好都合。ハーツクライ系の長く加速する脚が持ち味で、ロングスパート合戦に持ち込めば勝機は見える。

 

サートゥルナーリア。

皐月賞でややテンションが上がっていたこと。今回乗り替わりでスタンド前でのスタート。この一族の気性を考えると、不安もある。

加えて一見好枠と思いながら、ここ10年一度も馬券圏内に絡んだことのない3枠6番という枠。好位置を取りたい馬が多くいるダービーでは、外から来られて下がってしまうことも考えられる。

それでも、皐月賞で上位三頭の力は抜けていた。サートゥルナーリアを三番手評価より下げることはきつい。

 

他に穴っぽいところを。

リオンリオンがいて、最内枠にロジャーバローズ。少なくともスローにはならない。今の高速馬場を考えると、ある程度流れたうえでの高速決着になることが考えられる。

そうなると、Kingmambo持ちの出番。そのなかでもいいのがクラージュゲリエ。皐月賞は本調子でなくても5着。調教からも、前走より状態はいい。素質は三強にも引けを取らないものがある。どこまで差を詰められるか。

同じく父キングカメハメハのレッドジェニアルも面白そう。中間の馬体写真でも仕上げてきたなあと思えるほどの状態のよさ。京都新聞杯勝利の勢いに乗って。

枠は外だけど、これまたキングカメハメハ産駒のランフォザローゼスも血統、青葉賞の走りから魅力。

好枠引いたサトノルークス。血統的には府中で距離延長は歓迎で、高速決着にも対応できる。

シュヴァルツリーゼは関係者が皐月賞より前に「完成するのは先だけどダービーは勝ちたい」と言っていたくらいの素質馬。枠が大外なのが難点。

 

◎ダノンキングリー

○ヴェロックス

▲サートゥルナーリア

△クラージュゲリエ

☆ランフォザローゼス

☆サトノルークス

(☆シュヴァルツリーゼ) 

 

こんなところです。

夢の舞台。素晴らしいレースになることを祈って。

やること多いけど大井記念もあるよ

タイトルから親父ギャグ。

疲れてくると親父ギャグが出やすくなると聞いたことはあるけど、そうなんでしょうか。

日本ダービーウィークに乃木坂競馬部POGのドラフト、その他諸々があっていそがしいというのは、この時期毎度。だけど、同時に一番競馬が楽しい時期。

楽しみましょうね。

 

さて大井記念

前日は大雨で波乱傾向。今日は晴れ。

馬場はどう変わる?

これまでの傾向から「内ある程度前」と予測。

ディアデルレイにシュテルングランツ、ジャーニーマンなど前に行く馬がいるうえに、リッカルドのような早めに上がっていく馬もいるので、どのように直線までいい位置で溜められるか。

枠、不安材料の少なさを考えれば、タービランスが一番手。順調に使われてきているのは、今が充実期の証拠。すんなり勝って、帝王賞へ進みたい。

人気がなくなったのならヒガシウィルウィンも。1800より2000のほうがレースがしやすいタイプ。ブリリアンカップから1キロ減と斤量面からも有利。本田正重騎手に乗り替わりも、ジャパンダートダービーを勝ったコンビ。決してマイナスではない。

願望込みならモジアナフレイバー。内枠は良くないタイプであるが、それでも将来南関東を背負わなければいけない素質の持ち馬。このメンバーでも好勝負を期待。

叩かれてチャイヤプーン。

体重が減っていれば、もつれてウマノジョーまで来ませんかね。

 

そんなところです。

最近は酒ではなくモンスターが手放せなくなっております。

以上です。

ダービーまで突き進め ~東京湾カップの予想~

◎イグナシオドーロ的場文男

以上

 

状態は万全ではないらしい。

無理して勝つより、程よく負けたほうが、本番では楽なのもわかる。

でも、でも、

期待しないわけにはいかない。

東京ダービーを狙えそうな馬との初コンビ。

東京湾からダービーへの船出。勝利の汽笛を鳴り響かせたい。

 

先物買いをするならジョリスヴェニールか。初の左回りでも、枠は悪くない。

ホールドユアハンドは前に行く馬との兼ね合いでしょう。

サクセッサーとかグリードパルフェとかエレガンテヴァイゼとか、まあ誰かは内に潜ってくれると思うので。

前が早くなると、サージュあたりまで届くのかな。