46度の坂を駆け上がれ

乃木坂競馬部非公認公式ブログ 乃木坂46や競馬のことなどを緩く語るブログ 4ハロンの坂を46秒で駆け上がれ

帰り道は遠回りしてハイセイコー記念を見たくなる

本日は「帰り道は遠回りしたくなる」の発売日。であると同時に、ハイセイコー記念の日でもあります。

帰り道は遠回りして、大井競馬場へ行ってみてはいかがでしょうか。

 

実は最近裏でいろいろとやっているなのださん(誤解されそうな言い方)(そもそもこっちが裏)。ネットという広大な海のどこかに、なのださんの予想が載っているとか、いないとか。

まあ、それはさておき、ハイセイコー記念の予想をしましょうね。

 

インが優勢な今開催の大井。力量的にはラプラスだろうけど、前走の道中はあまりにも動かなすぎた。重賞で同じことをやられたら、さすがに厳しい。

まあ、矢野騎手だし、陣営も何らかの手をうってはいると思うけど。

 

ただ、全幅の信頼は置きにくい。なら、馬場も考えて、チューダの逃げ切りに期待したい。

大井1600mは経験済み。前走は格下であるけれど、前々走出遅れてオーシャンブラックの2着と考えれば、ここでも足りる計算。

 

ある程度前につけられれば、グラビテーションも面白い。

前走鎌倉記念は勝ち時計からも、ハイレベルな一戦。同レース4着ヒカリオーソがその後平和賞を買ったと考えれば、グラビテーションの3着は価値が高い。

 

スタートがあまりよくない中での最内枠は位置がとれなくなる可能性があるけれど、馬場、力を考えれば、シビックヴァーゴも有力の一頭。

 

1600mを経験していて、内枠。馬場が読めている感じがする達城騎手が乗っているハナズボンダイも面白そう。

 

トーセンボルガ、ネオブリランテは枠が外なのがどうか。ただ、それぞれ森泰斗騎手、的場文男騎手と、腕達者が乗っている。気づいたらインにいた、なんてシーンは当然ある。

押さえておきたい。

 

◎チューダ

ラプラス

▲グラビテーション

シビックヴァーゴ

☆ハナズボンダイ

押さえトーセンボルガ、ネオブリランテ的場文男

 

CDを買ったはいいが、なかなか聴く時間がないのです…。

究極の普通な予想~エリザベス女王杯~

11月11日ですね。世間的には「ポッキー&プリッツの日」ですが、乃木坂競馬部的には「箸の日」(8月4日と二日ある)かな。若月佑美さんの良きパートナー?箸くんの日です。箸の日だけに、「バシッと」当てたいですね()

f:id:nogihanro46:20181111075131p:plain

 

さて、今週はエリザベス女王杯牝馬ナンバー1を決める競走です。

牝馬限定で、京都芝2200という特殊なコース。難解な一戦であると同時に、特殊であるがゆえに、得意・不得意も出るレース。そういうわけで、リピーターも多い。

ならば、モズカッチャン、というのが普通な予想なんでしょう。昨年の覇者。前走札幌記念を見れば、力が落ちているとも思えない。

そうなんだけど、今回は、究極の普通な予想をしようとしているんだ。いくら影響が少なかったといっても、中間に熱発があった馬を本命にするのは、究極的に普通はない。対抗どまり。

そこで、◎ノームコア。斤量的に有利な3歳馬。父はハービンジャーと、モズカッチャンと同じであり、力が必要となりだしたこの時期の京都芝コースには強い血統。2200も大丈夫。何より、鞍上が絶好調ルメール秋華賞を出なかったのはルメールを乗せたいから、と考えれば、納得がいく。そして、心強いのが、まっちゅんもノームコアだということだ。まっちゅんかわいい(これが言いたいだけ疑惑)。

 

と、究極の普通な感じで予想をしてみました。

そもそも、ノームコアの意味が「究極の普通」。

…はい、出落ちのタイトルでした。

 

◎ノームコア

○モズカッチャン

▲クロコスミア

カンタービレ

☆レッドジェノヴァ

押さえスマートレイアー

2歳の重賞2つを予想したよ

今週はJBCウィーク。アメリカでもブリダーズカップがあるわけで、いろいろと楽しみ。

そんな中、北海道2歳優駿では、1,2着を誤信する騒ぎ。好レースだっただけに、残念。

 

いろいろなことはあったけど、競馬は続くよ、どこまでも。

土曜日は2歳の重賞2つ。

 

まずは府中の京王杯2歳Sから。

◎ファンタジスト

○シングルアップ

▲ココフィーユ

△アウィルアウェイ

☆アウターペガサス

府中の芝1400mは内枠有利。展開もそこまで速くならないことが予想される。

なら、内枠の武豊。絶妙なペース配分でアウィルアウェイを封じ込めると予想。

シングルアップも決して弱くない。フォロワーさんが一口で持っているし、頑張ってほしい。

アウィルアウェイはスタートがどうか。届かず、の場面も考えたい。

 

ファンタジーS

◎ダノンファンタジー

○ジュランビル

▲レッドベレーザ

△レーヴドカナロア

☆ラブミーファイン

ファンタジーSだし、ダノンファンタジーで堅いでしょ()

切れ味もあるし、好位につけられるスピードもある。新馬で負けたときも、相手が悪かっただけで、この馬自身も重賞は楽に勝てる素質があると感じさせるレースだった。

勝って、再びグランアレグリアへの挑戦権を。

不思議なのは、乃木坂競馬部POGで誰もダノンファンタジーを指名しなかったこと。すでに坂路で好時計をマークしていたし、デビューも決まっていたので、絶対指名されると思ったんだけど。まあ、なのださんが最後に指名しようとしたけど、名前でプリンセスマイにしたというのがあるんだけど(なお、プリンセスマイは、名前が変わって「ユキエチャン」となったとさ。それ、元カノの名前…。)

閑話休題

ジュランビルはキンシャサノキセキ×デピュティミニスターでいかにもファンタジーSが合いそうな血。

 

そんなところで。

マイルグランプリの予想

土日の国営競馬は反省だらけ。思考を詰めきれていないし、アップデートもしないといけない。現状、そのための時間がとれていないのが悩みだけど、うまく時間をつくってやるしかない。

 

さて、今日はハロウィンらしい。そして、ハロウィン並みに馬場が仮装する大井競馬も開催。今日くらい、外れ馬券とお菓子を交換してもらいたい。

メインはマイルグランプリ。上級馬が揃うと、どうしてもポジション取りと仕掛けのタイミングが厳しくなる。

そういうことを考えれば、枠の利でヒガシウィルウィン。捌けるはず。

リッカルドは外すぎなんだよね。道中横に拡がりやすいマイルグランプリだと、外を回されるので、どうしてもロスが多くなる。

枠からするとムサシキングオーが面白いかな、って思ったけど、隣が天敵的場文男様か。うまくやり過ごして好位を取れれば。

東京ダービー等を考えれば、クリスタルシルバーは古馬相手でも通用する。ただ、的場文男様ではないんだよなぁ。それがどう出るか。

トロヴァオが突っ込んでくるくらいの馬場になっていると面白いんだけど、それはないのかな。

 

◎ヒガシウィルウィン

リッカルド

▲ムサシキングオー

△クリスタルシルバー

☆トロヴァオ

 

菊花賞の予想とかなんとか

こんにちわかつき。

今週は体調不良だったなのださん。昨日は治りかけなのにお酒を呑みすぎて、まだ鼻が詰まっております。

まあ、北野(日奈子)特別をアシュリンが勝ったから、少しは元気になったんですけどね。

 

そんなこんなで菊花賞。クラシック最終戦。血統が重要視される長距離戦ですけど、最近はスタミナ一辺倒では勝てないのも事実。3分3秒台で勝ち抜けるだけのスピードも必要。今の馬場+前に行く馬が多い今年だと、タフさも要求されそう。

 

本命は、初志貫徹でエポカドーロ。神戸新聞杯で前に行かないで負けたら買おうと思っていたので。そうしたら、実際なった。出遅れたのが原因だけど。後ろから行った原因が出遅れというのが気になるところだけど、レースの内容としては力があるところは見せたし、叩いてよくなる感じがした。

血統的には、母ダイワパッションの血が出てくるとどうかな、と思うところはあるけど、この馬はどちらかといえばノーザンテースト的。オルフェーヴルとも少し違う。なら、タフさが要求される今の馬場も良いはず。

展開も、皐月賞のように前がやりあって、その後ろにつけられれば、という展望が描ける。

皐月賞は1着で、東京優駿2着。東京優駿の勝ち馬がいないここなら、当然と言ってもいいはず。2冠を期待する。

 

対抗はユーキャンスマイル。母父がダンスインザダークであり、菊花賞にはうってつけの血統。そのダンスインザダーク持ちらしい長く使える末脚が同馬の身上。外すぎず、内の前に行く各馬を見られる枠もいい。あとは菊花賞4勝の「菊男」武豊の手腕に期待。

 

▲メイショウテッコンは京都新聞杯でハイペースの展開ながら前に行って5着に粘りこんだように、粘りのある馬。マンハッタンカフェ産駒は菊花賞に良績がないけど、本来はスタミナのある血。同馬は全体的にシャープで長く見せるステイヤーのような馬体をしていることからも、京都の長距離は向くと思う。

それと、テッコンといえば、鉄コン筋クリート。11月に行われる若の舞台。なのださんも見に行きます。

 

△グロンディオーズは父ルーラーシップにスタミナ豊富な牝系、弟は目黒記念の勝ち馬ムスカテールという、長距離向きの血統。多少上がりのかかる今の京都、そして、早めに前を掃除するであろうモレイラなら、この血統を最大限に活かせる。

 

☆フィエールマンは母がフランスの長距離重賞を制しているリュヌドール。持続力があり菊花賞に向いているNijinskyの血も持っている。あとはルメールでどこまで差し込めるか。

 

他には、つつまれる可能性はあるけど、内からロスなくレースができそうなグレイル。上りがかかる展開の京都なら、適性はある。

あとは、ジェネラーレウーノ。逃げるアイトーンを突っつきながらレースをすれば、粘りを見せることができそう。若干前向きになっているのが最後に響きそうだけど。

 

ブラストワンピースは、この枠だと塞がれそう。もう少しゆったりとレースができる枠の方がよかった。

 

そんなところです。二日酔いなのか、鼻詰まりの中、頑張っています。

皆様、よい週末を。

帰り道は遠回り(ナイター競馬)したくなる、東京盃の予想

こんばんわかつき。この挨拶をするのにも寂しさを感じるようになってきました。これも、秋だからでしょうか(いや違う)。

 

さて、乃木坂46の22枚目シングルのタイトルが決まりましたね。「帰り道は遠回りしたくなる」。やっぱりしっかりとした日本語タイトルはいい。良曲の予感が漂います。

そういえば、MVは久しぶりにドラマ形式のようですね。なーちゃんと若の卒業シングルということなら、湯浅監督の可能性もありますね。こちらも期待大です。

 

と、乃木坂競馬部ですので、しっかりと乃木坂の話題も載せました。ここからは東京盃の予想と行きましょうか。

 

今開催の大井は、最近とは傾向が異なり、外の差しも決まる馬場。人気のマテラスカイは、確かに大井の短距離で前に行く武豊も相まって固い気もするけど、先行馬。なら、あえて逆転する馬を狙ってみたい。

そこで、キタサンミカヅキ。昨年の勝ち馬。昨年同様、馬場を活かして差すと予想。

マテラスカイは勝たれたらごめんなさい。

他では勢いの乗り出したら止まらないフサイチペガサス産駒のテーオーヘリオス

あと、キャンドルグラスまで届きませんかねぇ。

 

◎キタサンミカヅキ🌒

○マテラスカイ

▲テーオーヘリオス

穴キャンドルグラス🕯️

 

帰り道は遠回り(ナイター競馬)したくなる。そんな人の予想でした。

 

最近のお競馬のお話いろいろ

暑さもだいぶ和らぎ、過ごしやすい季節となりました。皆様、いかがお過ごしですか。

秋の訪れ。天高く馬肥ゆる秋。肥ゆるといいながら、お馬さんが駆け抜ける季節でもあります。

そうです、秋のG1シーズンです。いやぁ、わくわくしますねぇ。

第一弾スプリンターズSが終わり、第4回バカ山、もとい、中山開催も終了。今週から待望の府中開催です。

ということで、まずは、スプリンターズSを振り返りますか。

 

実は、9月は結構馬券の調子が良かったんですよ。セントライト記念を◎―○―▲で当ててもいましたし。

ただ、スプリンターズSは痛恨のミス。

1つは、ファインニードルの印を下げてしまったこと。枠の並びを見て、被されると思って下げてしまったのです。結果的には問題にしないような勝ちっぷり。正直状態も万全というわけでもなかったように見えましたが、それでも勝つのだから、今のスプリント界では抜けた感じになりましたか。あるいは、今のスプリント界がその程度のレベルなのか。ともあれ、スプリントG1連覇はお見事です。

2つ目は、ラブカンプーの取捨選択を間違えたこと。某競馬ガールズバーでは「ラブカンプーは血統的に使い詰めでも大丈夫」といっただけに、後悔。充実しているときのVaguely Noble持ちはイケイケドンドンで持ってしまうんだよなあ。調教で評価を下げるなんてしなければよかった。和田騎手の騎乗も見事でしたね。ワンスインナムーンをけしかけて行かせたうえで、自分は2番手で折り合わせる。負けはしましたが、持ち味は発揮できたと思います。

本命にしたナックビーナスはいろいろと過大評価だったのかな。もちろん、モレイラにマジックを使わせなかった各騎手が見事なわけですが。どこかで内に入れてラチを使わせれば違った可能性もあったけど、G1の舞台で条件付では力不足ということですかね。これも反省。

ちなみに、1着~3着の馬に共通しているのは、Nijinsky持ちだということ。時計がかかるときのスプリンターズSは、Nijinsky持ちが来るんですよ。2015年とか。これは、時計がかかるときは、単純なスピードだけでなく、持続力も必要だということなんだと思います。

 

スプリンターズSはこれくらいにして、そのほかのことも。

シリウスSのオメガパヒュームや白山大賞典のグリムを見ると、今年の3歳ダート馬は強い感じがします。そうなると、現在3歳ダート界頂点であるルヴァンスレーヴと、現ダート界ナンバー1のゴールドドリームが対決する南部杯は楽しみですね。

日本テレビ盃に関しては、地方のダートならケイティブレイブの力は一枚上ということですかね。あとは、1800くらいの距離。JBCは京都開催ですけど、1900なら国営のダートでも勝負になると、個人的には思っています。

ヒガシウィルウィンだと、やはりまだ足りないんだよなぁ…。どうにかして地方に素質のある馬が入るようにしなければいけないけど、今のままでは難しいというのが何とも…。

道営で復帰したタービランスは万全の出来で道営記念に出てもらいたいなぁ。そうすれば、スーパーステション対タービランスで道営記念が盛り上がるんだけど。それで、そのあとは、東京大賞典に出てもらいたい。こういう馬が交流重賞に出ないといけないと思うんですよ。たとえ結果的に負けたとしても。

そのうえで、国営勢に対抗できる馬を育成するにはどうすればいいのか。難しいことだけど、その努力を怠ったら、今伸びてきている売り上げが最終的には駄目になると思うので。

 

今週も国営は3日間開催。それに、南部杯凱旋門賞もあります。皆様、競馬を楽しみましょうね。

酒飲みの戯言ですが、こんなところで。