46度の坂を駆け上がれ

乃木坂競馬部非公認公式ブログ 乃木坂46や競馬のことなどを緩く語るブログ 4ハロンの坂を46秒で駆け上がれ

夢よ再び ~フェブラリーステークス予想~

「まとめて差せ!!」

そう叫んだのが1年前のフェブラリーステークス。本命にしたノンコノユメが見事に差しきった。

 

では今年のフェブラリーステークス

六連勝中のインティ、鞍上は現在リーディングジョッキーの天才武豊

重賞連勝で臨むコパノキッキング。鞍上はJRAの女性騎手で初めてG1に乗る藤田菜七子

名実ともに役者は揃った。

昨年の覇者であるノンコノユメフェブラリーステークス以降は未勝利ということもあって、現在7番人気。昨年よりは速くならないであろうペースに、乾燥状態の馬場は、追い込むノンコノユメに合わないとの声もある。

ただ、ノンコノユメにとって重要なのは、むしろ馬自身。スイッチが入るのか、届くのか。長い府中の直線が向くのは明らか。

昨年ほどでないにしろ、府中のダートマイル、メンバーからも、タフな展開になる。

あとは差しきるのみ。

もう一度、ノンコノユメに夢を見る。

 

前走から距離短縮or根岸ステークス勝利。3着以内に来る馬の基本はこのどちらか。

加えてタフなG1での府中ダートマイルということもあって、マイル以上の勝ち鞍は必要。

実績面も加味して相手筆頭はゴールドドリーム。前走東京大賞典は、チャンピオンズカップ回避の影響もあって、万全ではなかった。ワンターンの芝スタートは最適条件。巻き返す。

東京大賞典の勝利は本格化をにおわせるオメガパフューム。1600mの経験は少ないが、スウェプトオーヴァーボード産駒だ。短縮も悪くなかろう。

六連勝中のインティ。未知の魅力に大物感も溢れる。東海ステークスも圧勝だった。懸念材料は前走楽に逃げ切ってしまったこと。芝スタートのG1ではやはりこれまでとペースは異なる。そのときにどうなるか。

勝ちきれるかとなると微妙も、堅実なサンライズソア。距離短縮はいいはず。

穴はモーニン。4着だった根岸ステークスは外を回りすぎた。距離延長自体はどうかという気もするが、フェブラリーステークスを勝った底力はある。

サンライズノヴァは前走の不可解な負けに距離延長は不安材料。とはいえ府中ダートマイルは悪くない条件だけに、押さえは必要か。

コパノキッキングは初のマイル。条件は厳しい。力があるのは確か。歴史的瞬間が見られるのなら、それはそれで良い。

 

そんなところです。昨日も飲んだ後にエバスク→なぜラジ→馬好王国なんてやっていたアルチューですが、頑張っております。

ユングフラウ賞の予想

「日向坂46」

見るだけで幸せになる文字の並びだ。

ひらがなけやきが単独シングルデビュー。それにともない、日向坂46に改名したのが建国記念の日のこと。「欅共和国」ならぬ「日向共和国」の建国記念の日となった。

乃木坂、欅坂同様六本木周辺、港区の坂が名前の由来となったのは、坂マニアとして嬉しい。厳密に言うと港区の坂は「ひゅうがざか」と読むが、「ひなたざか」と読むのも温かみがあっていいかもしれない。

マークの水色というか、空色も爽やかでいいではないか。青空に向かって進む日向坂46のメンバーが見える。今後も明るく爽やかに坂道をかけ上がる素敵なグループになってもらいたい。

 

そんな日向坂ちゃんたちと同じように、若き乙女が頑張るのが、ユングフラウ賞桜花賞のトライアル、3歳牝馬限定の重賞だ。

メンバーは揃った。枠の並びからもなかなか楽しみなレース。

 

◎ホウショウレイル

○ゼットパッション

▲スティールティアラ

△トーセンガーネット

☆シントーアサヒ

押さえポッドギル

 

ティールティアラの隣に引かない左海誠二が乗るシントーアサヒ。ビービーガナールも外から行きたい口で、先行争いがどうなるかがポイントとなる。

最内ホウショウレイル。被されたくないとは思う。

先行争いからは一歩引くだろう。どこまで下げるか。位置を取ることができるか。御神本騎手であれば、スペースをつくることはできると思う。

力量的には上。土がついた後の前走、ハナ差とはいえしっかり勝利。2着ステッペンウルフがその後若獅子特別を快勝していることからすれば、評価してよい。

 

ホウショウレイルがつくるであろうスペース。うまく生かせそうなのがゼットパッション。

前開催とは異なり、だいぶ内も使えるようになった今開催の馬場。ホウショウレイルの後ろにつけば、道はできる。ホウショウレイルがさらに下げるようなら、自然にイン5を取ることもできる。

確かに前走桃花賞は馬場の利もあった。とはいえ、伸びしろもあるし、今回も枠はいいところを引いた。もう一丁。

 

逃げるのか。控えてイン3を取るのか。どちらにしろ、スティールティアラの方が他の逃げたい馬より作戦面では融通が利く。

南関東での2戦は道営実績の割にやや物足りない。が、道営から転厩して南関東で調整できる点、距離短縮はプラスになる。

 

数多く使う小久保厩舎で連勝しているわけでもないから、大物感はないトーセンガーネット。

とはいえ、堅実に来ている。加えて前走馬場の利もあったにせよ、ヒカリオーソに勝利。

連下には加えたい。

 

シントーアサヒは試金石。先を考えれば控えるかもしれない。

 

血統、厩舎から、浦和1400mは狙った感もあるポッドギルを押さえに。

 

そんなところです。さすがに昼からは飲んでいません(夜も飲まないとは言っていない)。

根岸ステークスの予想

毎年言っていることだけど、根岸ステークスは距離短縮馬が有利。昨年はまいやんもそう言っていたし。

加えて差し馬がよくくる。

となると、◎サンライズノヴァで堅いのでは。自身も距離短縮がいい馬。昨年2着。今年は差しきる。

○サトノファンタシーは前走同条件を勝った馬。今年好調の岩田騎手の豪腕に導かれて。

▲ユラノトはルメールにスイッチ。1400では堅実。

△キタサンミカヅキは距離延長も、今なら府中は合いそう。調教の動きは良かったし、佐藤賢二先生の仕上げに期待。

先行勢なら☆マテラスカイ。JRAの馬場なら大崩なし。

1400ならモーニンも。まっちゅんも本命だし。

穴っぽいのところだとヤマニンアンプリメ。コパノキッキングとタイム差なしの2着がある実績。斤量差、騎手の乗り替わり等考えれば逆転すふチャンス。

他にも、距離短縮+根岸ステークス得意のプリサイスエンド産駒なメイショウウタゲも面白い。

あと、クロスケ。南関東では常に頑張っていた馬。ダート替わりで変わってくれれば。

 

そんなところです。アルチューなりに頑張って、ギリギリ間に合いました。

絹の道ステークス予想

もうすぐレースだと言うのにブログを書きます()

 

シルクロードSはコース形態から内が有利なレース。加えて今の馬場状態だと、内にいるパワーがある馬を狙った方がいいと思う。

そこで◎ナインテイルズ。誰ですか?どうせ詰まるとかいう人は?

○ダノンスマッシュも内枠で今の馬場もこなせそうだし、▲ラインスピリットも母父トニービンだし大丈夫でしょう。

△ラヴカンプーは叩いてからだと思うけど、この馬場なら押さえておかないと。

☆セイウンコウセイはやや外枠だけど、差はない。

 

シルクと言えば、シルクホースクラブの2歳馬の名前が決まりましたね。

私の友人も名付け親になったようで。喜ばしいことです。

 

こちらはそんなところで。

競馬ブログになって1年が経ちました()

なかなか当たりが出ない1月のお競馬。そもそも飲みが多くて競馬を見ていないこともあるんだけど()

なんとか挽回したいところです。

 

さて、今週はAJCC東海S。当ブログが競馬ブログになってしまってから1年がたったということですね(「乃木坂ちゃんのことも書け」と言われそう)。

毎年のことですけど、AJCCと言って思い出すのがホワイトストーン。白い帽子に芦毛の馬体が小雪の散らつく中逃げ切り勝ち。まさに「白い宝石」のようなレースでした。

乃木坂の「白い宝石」と言えば、ホワイトストーン、すなわち白石さん。こちらは小雪が散らつくならぬ、白雪姫になっていましたね。


f:id:nogihanro46:20190120145722j:image
これぞまさしく「白石姫」。

 

と、まあ乃木坂ちゃんのことはこれくらいにして、予想についても。

 

AJCC

◎ステイインシアトル

ジェネラーレウーノの中山巧者ぶりって、前に行く馬を使って自分のペースに持ち込む所にあるわけで。逆にそれを利用しての逃げ切りをステイインシアトルに期待。

中山芝中距離といったらステイゴールド

逃げ切り勝ちはステイインシアトルの方だ。

 

東海S

◎チュウワウィザード

Kingmambo系×ファンシミン牝系は今のダートで最強の組み合わせと言ってもよい。

本来小回りよりも中京などの方がいいタイプ。

最内ミナリクグレンツェントやこの時期得意のコスモカナディアンなどの穴馬へ。

 

こんなところです。アルチューなりに頑張っています。

アーモンドアイを超えろ ~シンザン記念~

東西金杯は惨敗。

「冬の中山重賞はステイゴールド産駒」と言っておきながら、唯一印を打たなかったウインブライトに勝たれるというのがね。

 

気を取りなおしてシンザン記念

 

日本競馬史上最強馬「シンザン」の功績を称え、冠としたレース。「シンザンを超えろ」が日本の生産者の目標となっていました。

昨年同レースを勝ったのがアーモンドアイ。昨年の牝馬三冠馬。そして、ジャパンカップ勝ち馬。

2400mを2分20秒6で走ることができる馬が誕生するほどにまで、日本の競馬界は成長しました。

シンザンを超えろ」

「アーモンドアイを超えろ」

より強い馬をつくるべく、これからも日本の生産者は努力をしていくことでしょう。

 

それでは予想を。

昨日の京都競馬場の芝は、意外と時計がかかっていた。考えてみたら、昨年秋の京都も例年よりは時計がかかっていた。今の京都の芝は、案外時計がかかる仕様なのかもしれない。

そうなると、上りはかかり、キレよりも、タフさ、持続力が問われるのかもしれない。

馬場の状態がよくなかった昨年のようになるかも。

そこで◎ヴァルディゼール。

前走は前目につけて、メンバー1の上りで勝利。おそらくスローペースとなるであろう今回、内枠から前に行って同じようなレースをすれば、チャンスはある。

ロードカナロア×母父サンデー系+Sex Appeal牝系はアーモンドアイと同じ。1戦1勝馬で経験に乏しいが、むしろ期待が大きい。

何より、まっちゅんが本命(それが言いたいだけでは)。当てて1億円くらいほしい()

f:id:nogihanro46:20190106123952j:plain

あとは、持続的なスピードを伝えるDanzigの血を持つミッキーブリランテやシャドウエンペラー、ハッピーアワー。

ミッキーブリランテは前走阪神で前目からメンバー1の上りを使って勝利。今の京都の馬場、距離短縮も含めて面白そう。

シャドウエンペラーはタフと言ったらRobertoの血も持っているし、距離短縮がいい方向に行きそう。

ハッピーアワーも前走の内容を見ればここでも。

他にはレベルの高かった東スポ杯組のゴータイミング。

押さえでアントリューズまで。

 

そんな感じです。アルチューなりに頑張っております。

お正月は金杯を当てて乾杯しよう

あけましておめでとうございます。

今年も乃木坂競馬部をよろしくお願いします。

 

年が明けてtwitter上であげた最初の予想が箱根駅伝東海大が悲願の初優勝を果たし、見事に的中いたしました。

この流れで、競馬の方も当てたいと思います。

 

まあ、国営が始まるまで、川崎競馬を結構見ていたんですけどね。

的場文男様の今季初勝利、それも地方競馬通算7200勝を生で見ることができたのは、幸運でした。

そんなこんなで、国営競馬最初の重賞、東西金杯の予想をいたしましょう。

 

中山金杯

◎エアアンセム

○マウントゴールド

▲コズミックフォース

△タニノフランケル

☆ステイフーリッシュ

押さえアドマイヤリード

マイネルサージュ

 

内枠で機動力がある馬が好成績を収めているレース。今回一番該当するのが、エアアンセム。小回り函館記念の勝ち馬。Roberto系×キンカメの血統も、今の中山に合っている。

お得意の京都を蹴ってまで中山金杯に乗るのだから、武豊さん、自信があるんでしょう。マウントゴールド。いうまでもなく、冬の中山のステイゴールド産駒は買い。

強い4歳。冬の中山200mという同条件の重賞京成杯で好走しているコズミックフォース。

同じく4歳。番手も効くようになった、内枠のタニノフランケル

枠は外になったけど、ステイゴールド産駒でホープフルS3着の実績もあるステイフーリッシュ。

押さえに前走ディセンバーSを勝ち、復調気配。内枠のアドマイヤリード。

穴で大外になってしまったものの、福島民報杯七夕賞など小回りの200m実績があるマイネルサージュ。

 

京都金杯

グァンチャーレ

○カツジ

▲サラキア

△パクスアメリカーナ

☆アドマイヤアルバ

仮柵がとれて、内側が非常に有利となる1月の京都芝。そんなわけで、前年降った雨の影響で全体的に馬場が荒れていた昨年以外は、ほとんど内枠の馬が好走。そこで、今回は内枠の馬を中心に考える。

そんな中から本命はグァンチャーレ。勝ち味に遅いタイプではあったが、前走キャピタルSを快勝で、それも払拭。前々走スワンS3着からも、重賞に手が届くまでになった。もとより、前に壁が作れる内枠に好走実績があり。枠順からも、ある程度前で馬場のいいところを走れる可能性は高い。

京都芝マイルとなれば、もちろんディープインパクト産駒。カツジ、サラキア、ともに後ろからとなりそうではあるが、内枠の利を活かして脚を溜めてもらいたい。特に、カツジの前走は、一頭外から猛然と追い込んでのもの。内を捌ければ。

右回りのマイルは適条件なパクスアメリカーナ。

内をつきそうなアドマイヤリードまで。

 

東西金杯を当てて乾杯といきましょう(使い古されたネタですみません)。

今年もアルチューなりに頑張ります。