46度の坂を駆け上がれ

乃木坂競馬部非公認公式ブログ 乃木坂46や競馬のことなどを緩く語るブログ 4ハロンの坂を46秒で駆け上がれ

フェブラリーステークスの予想

盛り上がっていますね、オリンピック。男子フィギュアスケートでは羽生選手と宇野選手でワンツーフィニッシュ。見事な連覇ゴールドメダルの夢を掴みました。

 

ということで、ゴールドドリーム。なんて予想をすると思ったあなた。違います。

確かに、なのださん大好きまいやん様も、耳より情報でサイン馬券を言って、ゴールドドリームを本命にしました。しかも、芝スタート・左回り・ワンターンの府中ダートマイルはゴールドドリームにとって最適の条件。その上枠もいい。実力も考えれば本命でしょ、って思うのも無理はない。

だけど、連覇が多いダート重賞において、フェブラリーステークスでの連覇は、前身のフェブラリーハンデ時代も含めて、コパノリッキーの1度のみ。意外なまでに少ない。

複勝圏なら絡むと思うけど、何か逆転候補を探したい。

そこで、ノンコノユメ。前走の根岸ステークスは、久しぶりに心震えるレースを見た。サンライズノヴァ・戸崎圭太ノンコノユメ内田博幸の叩きあい。「勝ちたい内田、負けられない戸崎」なんて、及○サトルの実況が聞こえるかのような名勝負だった。それでいて二人とも馬を真っ直ぐ走らせている。その技術の高さにも感心した。

そんな根岸ステークスを見せられたなら、もうノンコノユメと内田のコンビを本命にしないといけない。

ダートで馬を動かすことに関しては、世界で一、二を争う腕前を持つ内田。去勢してからなかなか馬体が増えず、弾けなかったノンコノユメの爆発力を引き出すのに成功した。ノンコノユメも、ようやく馬体に実が入るようになり、内田の腕に応えられるだけの身体になった。ちょうど巡りあったのが、根岸ステークス。そんな巡り合わせは大切にしたい。

レコードタイムの特殊な根岸ステークスだったのかもしれない。もう一発ノンコノユメ

弾けられる体力があるかはわからない。でも、もう一度ノンコノ「夢」に託してみたいのだ。

相手はもちろんゴールドドリームとして、その他の馬のことも。

昨年大外でぐるぐる回されながら差のない競馬をしたケイティブレイブ。昨年以上の実力をつけた今なら、もちろん勝負になる。

初の1600mになるアウォーディー。ただ、途中で気を抜くアウォーディーの気性からは、マイルの刺激は悪くないかもしれない。府中得意の血統。内枠も問題ない。

実績の割にまったく人気のないサウンドトゥルー。府中ダートマイルが不安視されているが、勝ったことはある。昨年はいろいろな不利が重なっただけ。ミナリクが良いわけではないが、実力から好走してもおかしくない。

冬の府中ダートはA.P.Indy系。そんなA.P.Indy系のインカンテーション。左回りの府中替りは条件好転。ただ、跳びが大きい同馬にとって、内枠は良くない。押さえまで。

穴ならメイショウスミトモか。府中ダートオープン級では距離短縮のとき好走するゴールドアリュール産駒。冬場は走らないけど、怖さはある。

最後に、ララベル。ローレル賞で見たとき、「いい馬だなぁ」って思った。自分がゴールドアリュール産駒好きになったのは、ララベルの影響が大きい。体質が弱く、万全の状態で出られることが少なかったララベル。だからこそ、JBCの勝利は嬉しかった。繁殖にあがることは決まっている。とにかく無事でラストランを。

 

ノンコノユメ

ゴールドドリーム

ケイティブレイブ

アウォーディー

サウンドトゥルー

押さえインカンテーション

穴メイショウスミトモ

応援ララベル

 

ダイヤモンドSとか京都牝馬Sとか、いろいろ

中3日でJRA。なんだかせわしない。

まあ、浦和競馬も見ていたからなんだけど。

つまり、競馬好きは、年中せわしない()

 

三場開催で、フェブラリーSも含む重賞4つ。さらに、ケンタッキーダービーポイント対象レースであるヒヤシンスSも行われるという豪華な週。個人的にJRAの中では一番好きな週。

土曜日の重賞は、ダイヤモンドS京都牝馬Sの二つ。

発送時刻から、まずは京都牝馬Sの予想。

 

◎ミスパンテール

○デアレガーロ

エスティタート

ヴゼットジョリー

ミスエルテ

押さえオーヴィレール

 

まいまい主演映画の「パンとバスと2度目のハツコイ」が今日から公開。ということで、ミス「パン」テール。うん、なんて乃木坂競馬部らしい予想だ。

というのは冗談で、多分ハイペース+おそらく外伸び馬場。なら、差してくるだろうミスパンテール。前走の典さんの判断は凄かった。今回もセクシーな差しを希望。

ミスパンテールが差してくるときは、決まってもう一頭連れてくる。そこでデアレガーロ。切れ味はメンバーの中でも随一。輸送で縛れれば。

外伸び、京都外回り。なら武豊。馬場は合うと思う。

距離短縮でヴゼットジョリー

ミスエルテは、京都1400で重賞を勝ったんだよね。何かを思い出せば…。

オーヴィレール、スムーズに外に出せば。

 

 

続いてダイヤモンドS

 

◎ソールインパク

フェイムゲーム

▲リッジマン

△リッチーリッチー

☆ホウオウドリーム

押さえレジェンドセラー

穴ハッピーモーメント

 

ラブラドライトとグランアルマダの先行争いなら、早めに隊列が決まって、スタミナ勝負にならないのではないか。そんな読み。

それならソールインパクト。瞬発力なら上。

実績面でフェイムゲーム。斤量が1頭だけ重いけど、それでも何とかなる相手関係。

内枠だし、スピードもあるはずだし、リッジマン。それにしても、門別のダート1000mでデビューした馬が、府中の芝3400m、それもダイヤモンドSに出走ですよ。競馬って不思議だね。

追って味のあるリッチーリッチー。休んだことで体調も良化。内田さんとも手が合いそう。

展開、レースに合いそうなのは、ホウオウドリーム。ただ、太目なのが心配。あと、相性のいい吉田豊騎手が乗れないのがね…。

レジェンドセラーは罠だと思う。なんだか、5日前もルーラーシップ産駒に対してそんなこと言っていませんでしたかね…。長く脚を使えるし、押さえる必要はあると思うけど。

穴でハッピーモーメント。休み明けはいい。

 

あとは、ちーちゃんの誕生日にアシュリンが出走。「サイトウ」さんとして、頑張ってほしい。

 あっしゅっしゅ。

2月17日(土)の乃木坂競馬部POG指名馬出走情報

こんばんわかつき。乃木坂競馬部部長です。

2月17日になりました。ちーちゃんこと、斎藤ちはるさんのお誕生日ですね。お誕生日おめでとうございます。

才色兼備の代名詞ともいえるちーちゃん。個人的にはアメフトの知識を活かして、スポーツキャスターの仕事もやってもらいたいなぁ、と思っております。

素敵な一年をお過ごしください。

 

さてさて、題名にあった2月17日の乃木坂競馬部POG指名馬の出走情報と行きましょう。

三場開催ということもあって、頭数が多いのですが()

 

まずは京都2Rグーテンターク。

父がゴールドアリュール。祖母がアメリカでエクリプス賞最優秀古馬牝馬に選ばれたジンジャーパンチ。血統だけ見れば、来年のこの週、フェブラリーSに出走してもおかしくない。

ただ、馬体がもっさりとしていて、動きが鈍い感じがしていた。

それが、前走では距離短縮が刺激になったのか、少し動いた。この刺激を活かせば、距離延長の今回は楽しみ。

 

小倉4Rにはエイシンテースティとプリンセステソーロが出走。

前走思わぬ大敗を喫したエイシンテースティ。立て直すため、今回は少し間隔をあけて出走。1200mは2着2回、3着1回の距離で、巻き返したい一戦。

プリンセステソーロはWar Frontの血にDanzigの3×3なら、ちょっと重めな今の小倉の馬場に合いそう。すんなり好位をとって、脚を溜めて抜け出したい。

 

東京5Rに出走するのは、ウインアイスバーグマイネルグリージョの2頭。ともに人気薄。

ウインアイスバーグは馬体も軽く、非力。まずは身体の成長待ちか。それでも、広い府中のコースでゆったりとレースが運べれば。

マイネルグリージョは中間転厩。調教では一杯で追われている。それがプラスの方向に出れば。

 

京都5Rには3頭が出走。

ウインタリエンテはステイゴールド×メジロマックイーンの黄金配合。ただ、馬体が軽く出てしまった。今の荒れた京都の馬場に対応できるか。

アンクルティールは気性面が問題。武豊騎手が続投なのは、良いこと。さらに、メンコを着用とのこと。前走の内容からも、能力はある感じなので、しっかりと走れば。

前走は遠征して2着だったロクセラーナ。今回は輸送なし。さらに前進を狙う。

 

東京6Rにはフラットレーが出走。

芝の衝撃的な勝ち方から一転、アイビーS、ホープフルSでは内容のない負け方だった。

それでも、デビュー前はキャロットの中でもかなり期待されていた馬。

左回りに替わって距離短縮は、ハーツクライ産駒を動かすためによく行われるパターン。特に、レース中に気持ちが途切れる(とされている)フラットレーにとっては、集中して走れるのではないか。

そして、鞍上がライアン・ムーア。馬を動かすことにおいては世界でも有数の腕前。

ここを勝てば、もう一度クラシック戦線に復帰できる(はず)。

これでも凡走なら、クラシックに関しては諦めます…。

 

京都6Rにはデルニエオールとリバティハイツが出走。

デルニエオールはドリームジャーニーオルフェーヴルなどの全妹。馬体が小さいのと、気性的に難しいところがあるのが欠点。距離短縮で集中して走れば。

リバティハイツは馬体等を見ても、これからの馬。使われて確実に良くなっている。ここでも好勝負できるのなら、将来が楽しみ。

 

東京9Rフリージア賞に出走する乃木坂競馬部POG指名馬は、ヴィオトポスなんです。アシュリンも出るんですけどね…。アシュリンはPOGドラフト時点で名前が決まっていなくて、誰も指名しなかったんです…。

ヴィオトポスはゆったりと走れるときの方が好走できる。ただ、ここは相手が強い。

 

京都9Rつばき賞にはリシュブールが出走。新馬がその後重賞2着のあるルーカスの2着、2戦目はその後オープン勝ちをするケイティクレバーの2着。血統的にも昇級を苦にするものではない。まだ完成していない部分はあるけど、能力は通用。あとは、荒れた今の京都に対応できるか。

 

これで乃木坂競馬部POG指名馬出走情報はおしまい。だけど、東京9Rは乃木坂競馬部として、アシュリンを応援だよね。

そのアシュリン。前走で見せた最後の脚は非凡。気性的にはおっとりしているらしく、距離延長も大丈夫。

前走圧勝の良血・エリスライトや、デビュー前から素質馬と騒がれていたブレス丁キングなど、相手は揃った。

でも、アシュリンだって、負けてはいない。

ここで好勝負すれば、先は明るい。

 

もう一頭、乃木坂競馬部として注目したいのが、東京8Rのミセスワタナベ。

「ワタナベ」と言ったらみり愛ちゃん。欅にはぺーちゃん、理佐、べみほと3人もいますが。

父がTapit(A.P.Indy)系で牝系にBold Rulerの血が入っているなら、この時期の府中ダートマイルは走るはず。

能力的に勝つ力はある。問題は、走る気になってくれるか。それだけ。

バレンタインデーだし、ユングフラフ賞の予想でもするよ

こんにちは。バレンタインデー、いかがお過ごしでしょうか。

15時のおやつ、チョコと一緒に乃木坂競馬部も見てもらいたいな。

なんのこっちゃ、乃木坂競馬部です。

本日予想いたしますのは、浦和競馬場で行われるユングフラウ賞。3歳牝馬のレースをバレンタインデーにやっちゃうのが、良いですね。

 

◎ストロングハート

○ポッドジゼル

▲エターナルモール

△グラヴィオーラ

☆ピースフルジョイ

押さえゴールドパテック

 

向こう正面と3、4コーナーが重い感じの浦和競馬。捲るにしても、向こう正面の中ほどより前から上がらないと駄目。

ただ、直線での前の持ちはいい。

一番いいのは、スタートでいい位置につけて、直線まで引き付ける馬。後ろから行く馬は、早すぎるぐらいに動くか、敢えて直線まで待つか。

そういったのを踏まえて、馬場が分かっている森泰斗のストロングハート。展開に左右されない自在の脚。

枠からは逃げられそうなポッドジゼルだけど、ポッドジゼル自身は逃げたくない感じ。そこは、新コンビ瀧川寿希也が新しい引き出しを開けそう。

ポッドが逃げないなら、ハナを主張するのはエターナルモールかな。吉原寛人なら逃げ切りもある。

グラヴィオーラは体重がどうなっているかだけ。まあ、ここは試走で本番勝負の可能性もあるけど。

内枠、楢崎なら、面白味のあるピースフルジョイ。直線までにどれだけ負担なくいるか。

ゴールドパテックはこの枠だと難しい。上がりどころを含めて、誠士がどう乗るか。

 

バレンタイン

チョコがなくても

耐えられる

ストロングハートが

私は欲しい

クイーンCの予想

変則3日間開催の予定だったJRA

それが、小倉競馬が降雪のため中止となってしまったため、4日間連続開催に。

お疲れ様です。

 

では、クイーンCの予想

 

◎アルーシャ

○レッドベルローズ

▲ツヅミモン

△マウレア

☆ロフティフレーズ

他フィニフティやオハナ、ハトホル、罠にしか思えないけどテトラドラクマあたりも

 

フワッとした予想で申し訳ない。

多分、馬場がいいところを誰が通るか合戦。そういう意味では、ルメール頼みなんだけど、アルーシャ。最終的に内から伸びそう。なのださん的には、母父Tapitがポイント高い。しかも、顔が可愛い。

馬場がいいところを通らないと思うけど、レッドベルローズ。前走フェアリーSの3着は見所十分。府中マイルに替わって更に良くなる。人気が思ったほどないのは、外を回すからだと思うけど、能力で相殺できる。

前行くと思うツヅミモン。気づいたらイン3本当に好きだったみたいな展開希望。

マウレア連下には。

1戦1勝だけど、ロフティフレーズやフィニフティは怖いと思う。

オハナは外枠なのがね。あと、小柄なのが嫌われているのかな。府中のマイルはいいと思うけど。

ハトホル、内ついてくれないかな。馬場は向きそう。

血統派がこぞって推しているテトラドラクマ。わからんでもない。内枠から前に行けば、なんだろうけど、なぜか罠に感じる。

 

共同通信杯(トキノミノル記念)の予想

昨晩強い雨が降った東京。ただ、時間的にはそれほど長く降らなかった。馬場状態はそこまで悪くないはず。

 

◎グレイル

○アメリカンワールド

▲カフジバンガード

△サトノソルタス

☆ゴーフォザサミット

 

新馬、京都2歳の内容から、グレイルは弱くない。唯一の57キロというのは不安だけど、それでも大丈夫だろう。

最近サドラー持ちが好走する共同通信杯。タフなレースになりやすいからだろう。それでも、府中だし、ある程度切れる脚は要求される。つまり、切れる脚を持ったサドラー持ち。今回それに該当するのが、アメリカンワールド。前走の勝ち方は、地力アップの証明。ここでも。

マイルよりは1800mの方がいいカフジバンガード。こうやまき賞で負かしたグローリーヴェイズは、その後重賞で2着なら、カフジバンガード自身も重賞連対級の力がある。左回りに替わるのもいい。

サトノソルタス、「ムーア」って書いてあったら押さえておかないと怖いでしょ。

百日草特別の内容から、ゴーフォザサミットまで。

個人的にはリュウノユキナに頑張ってほしいけどね。

京都記念の予想

冬の京都は、寒いけど綺麗だ、という話は聞きます。秋に紅葉を観に京都へ行ったんですけど、日程的に冬の京都は無理かな…。

そんなこんなで京都記念。頭数は少ないけど、メンバーは揃いましたね。

 

◎ミッキーロケット

レイデオロ

▲クリンチャー

△クロコスミア

☆モズカッチャン

 

多分レイデオロでいい。なら本命にしろ、と言われそうだけど、それではつまらないので。

少し捻ってミッキーロケット。なんだか前走も本命にした気がするけど、気にしない。その前走は、やはり一頓挫あったのが、最後に伸びを欠いた原因か。今回は調整も上手くいっているし、斤量が1.5キロ減。あと、多分非根幹距離が得意だと思う。

レイデオロは非常にバランスが取れた馬。機動力もあるし、中間緩むペースでも、澱みのないペースでも伸びる。その分、派手さに欠けるし、絶対的な強さもないけど。ここは叩き台だと思うけど、それでも好勝負はできる。

渋った馬場ならクリンチャー。ディープスカイ×ブライアンズタイムはパワー型に出るが、Danzigのクロスでスピードを補っている感じか。テンのスピードがないのが欠点だけど、持続的なスピードが持ち味の同馬。小頭数で京都2200の重馬場なら、ある程度前につけられる。

道悪ならクロコスミアも。エリザベス女王杯の内容は、力を付けた印象。

休み明けのハービンジャー牝馬は、あまり買いたくない。なぜなら、気性が前向きになりすぎて、レースにならなくなる可能性が高いから。実際、モズカッチャンのローズSがそうだった。そういうわけで、モズカッチャンとディアドラは軽視。

モズカッチャンを☆にしたのは、単純に自分の趣味。モズカッチャン好きだから、という面はある。

ディアドラに乗る福永騎手。馬好王国で京都記念のレース展開を丁寧に語っていた。けど、あまりディアドラについては語らなかったような…。叩き良化型だけに、ここは叩き台か。

アルアイン?何かあるアイン?()

来たらごめんなさい。