46度の坂を駆け上がれ

乃木坂競馬部非公認公式ブログ 乃木坂46や競馬のことなどを緩く語るブログ 4ハロンの坂を46秒で駆け上がれ

羽田盃の回顧と東京プリンセス賞の予想

羽田盃はなかなか面白いレースであった。

各陣営の思惑が見えたし、◎~☆の5頭で掲示板を独占したし(押さえのポンドゼルクはしょうがない)。

 

やっぱり荒山厩舎の手腕は凄い。リコーワルサーを理想のレースができるだけの状態に仕上げた。

欲をいえば勝ってもらいたかったが(本命にしていた)、それでも低評価に反発しての2着は立派。

まだまだ強くなる。ダービーでは逆転もある。

 

モジアナフレイバーも素質の一端は見せた。4角の上がり方は、並の馬ではできない。直線でぶつかったことも含めて、上の馬と戦えたのは、今後のいい財産になる。

雄大な馬体からは、まだ奥がありそう。こちらもダービーが楽しみ。

 

勝ったのはヤマノファイト。重賞3連勝は立派。

馬体等を見ると、Robertoの血が強いのかも。ぬっと最後まで粘る感じ。

だからか、強さを感じないのは。上級Robertoの凄みが出れば、強さを感じるんだろうけど。

そこまで成長すれば、連勝は続く。

 

ハセノパイロは4角で置かれながら、最後に一気にやってきた。

やっぱり強い馬。

もっと「ガツン」と追える騎手なら、置いてかれずに突き抜けたかも。

そういえば、羽田盃に乗っていない騎手で「ガツン」と追える騎手がいましたねぇ…。赤い勝負服の…。

 

 

そんなこんなで、今日は東京プリンセス賞

プリンセスと言ったら乃木坂ちゃんたち。そんな中でも「プリン」が付くのはプリン会。なのださんが最近絢音ちゃんのことが気になっているのは、内緒だ。

ちなみに、なのださんが夜な夜な摂取してしまっているのは、プリン体。よくある親父ギャグ。

 

 

◎ゴールドパテック

○シングンレガシイ

▲グラヴィオーラ

△プロミストリープ

☆ストロングハート

押さえパパドプロス

 

 

浦和の桜花賞を見たら、そりゃプロミストリープが一枚抜けているのは分かる。浦和マイルの内枠で起こりうるリスクを引き受けたうえでの完勝。

ただ、スタートでの口向きが悪いように、本来難しい馬。決して右回り替わりの距離延長がいいタイプでもない。意外と難コースである大井1800mなら、取りこぼしがあってもおかしくない。

 

大体東京プリンセス賞で穴として来るのが、桜花賞が向かなかった馬。今の外伸び馬場(単純にそう言い切っていいかはわからないけど)なら救済される馬はいる。

ゴールドパテックはその一頭。鎌倉記念ローレル賞で見せた末脚が武器の同馬にとって、浦和コースは向かない。

今回は少なくとも外伸び馬場。後ろから行って届くほど差し馬場にはなっていないけど、何とか。

そういえば、なのださんの射手座は、朝の某番組の星占いで最下位だった。ただ、最下位だといろいろアドバイスをもらえて、結果的にいいこともある。ラッキーカラーは緑。緑の6枠に入ったゴールドパテックからにしよう()

 

シングンレガシイも救済されそうな馬。ゴールドパテックより位置は取れる。

問題は、枠がちょっと外なところか。そこは赤岡さん、お願いします。

 

桜花賞は枠に泣いたグラヴィオーラ。とにかく馬体重が減らなければ、逆転もあると思っている。

そういえば、乗っているのは緑の勝負服の今野騎手か。

 

プロミストリープ、そりゃ強いよ。わかっているさ。

ただね、反発したくなるのさ。ひねくれ者だから。

 

ユングフラウ賞桜花賞も内容がなかったストロングハート。ひょっとしたら、右回りがいい馬なのかも。

それならここで反撃。

 

パパドプロスは昨日勝ったヤマノファイトと同じ「エスポワールシチー×Mr. Prospector系」の配合。1800mの経験もあるし、Nureyev≒Sadler's WellsのSpecialを増幅させるクロス(若干重めになるバージョン)もあるし、混戦になれば、ぬっと粘りこめる。

 

馬券を買うなら、プロミストリープを外したワイドがおすすめかな。配当も考えたらね。

羽田盃の予想

◎リコーワルサー

○モジアナフレイバー

▲ヤマノファイト

△ハセノパイロ

☆クロスケ

押さえポンドゼルク

 

5月になって、半袖でも過ごせるくらいであったのに、ここ二日は雨が降って寒い。周りを見ても、オセロは黒の勝ち。だけど、クロスケは本命じゃない。

そんな感じの水曜日。

 

皆様お待ちかね、南関東クラシック第1戦の羽田盃

最有力なのは重賞連勝中のヤマノファイトになるんだろうけど、1倍台の人気になるくらい強いの、という感じ。もちろん弱くはないんだけどね。

ただ、ニューイヤーカップは馬場と枠と展開に恵まれたもの。で、京浜盃ニューイヤーカップと同じにはならないだろうと思ったら、なんと馬場も展開も似たレースになってしまった。

だから、3度もニューイヤーカップのようなレースになることはないだろうと思うので、印は下げた。

そうなると、狙いたいのはニューイヤーカップ京浜盃で向かなかった馬。今の大井の馬場がそういった馬の救済措置となっているかはわからないけど、少なくとも京浜盃のときより単純ではない。

で、リコーワルサー。京浜盃はゲートで煽って最内枠から外に行かざるを得ず、ぐるっと回って敗戦。これは参考外でいい。今回、枠を見れば、明らかに前走よりレースはしやすい。

思えば全日本2歳優駿で見たときに「いい馬だし、もっと強くなる」と感じた馬。ここで反撃。

モジアナフレーバーはレースセンスが抜群。一つ一つ課題をこなしてきている。上の相手とは戦っていないけど、やれるだけの素質があるのは確実。ただ、ローテを考えると、本当の狙いは次のような。

前述のヤマノファイト。決して弱くないよ。ただ、ニューイヤーカップ京浜盃とは違うようなレースになっても勝てるかは疑問。

ハセノパイロの前2走は、ともに向かなかっただけ。まあ、騎手の騎乗も良くなかったけど。そういうこともあってか、矢野騎手に乗り替り。ただ、矢野のタイプではないような気も…。

ニューイヤーカップ京浜盃で一番強いレースをしたのはクロスケ。外枠なら本命にしたいくらいだったけど、内枠なんだよなぁ…。そこが不安。

常識的に考えれば、いくら無敗の3連勝でも、一気に相手強化、距離延長のポンドゼルクは厳しい。ただ、底を見せていないのは確かで、想像以上に強い可能性もある。

 

それにしても、的場文男様がいない羽田盃は寂しい。東京ダービーはどの馬に乗って勝つのだろうか…。

NHKマイルカップの予想

◎パクスアメリカーナ

○ギベオン

▲ミスターメロディ

△タワーオブロンドン

☆テトラドラクマ

穴リョーノテソーロ

穴フロンティア

 

ペースが淀みなく前傾ラップになりやすいのがNHKマイルカップの特徴。そのため、アメリカ血統の馬が好走する傾向にある。

特に強いのがフレンチデピュティ系。

パクスアメリカーナの血統は、NHKマイルカップにおいて最高ともいえるもの。クロフネ産駒はクラリティスカイ、アエロリッドと2勝。クロフネ自身も同レースを勝っている。

また、パクスアメリカーナの全姉ホエールキャプチャは府中マイルのヴィクトリアカップを勝利。

府中のマイルでこそ活きる血だ。

前走内枠でも頑張っての2着。今回5枠10番ならレースはしやすい。

不安があるとすれば、左回りでささる癖があること。

それと、あまりにも「完璧すぎる」血統であるということだ。逆説的に、府中マイルで強い馬は、3歳春ならクラシックに出なければいけない。府中のマイルで強さを発揮するなら、力でクラシックレースでも好走するできるはずだから。事実、姉ホエールキャプチャも、この時期はオークスに出ていた。

それでも、ここでは「完璧さ」に賭ける。

 

高速馬場の府中なら、もちろんディープインパクト産駒も。距離短縮も加味してギベオンに期待。

 

ケンタッキーダービーを制したジャスティファイはスキャットダディ産駒。スキャットダディはアメリカでダート、芝共に走る産駒を輩出し、リーディングサイヤーになったこともある。

そのスキャットダディ産駒がミスターメロディ。マイルは未経験も、厳しい条件をこなすのがスキャットダディ産駒の底力。

 

アーリントンCは評価できるもの。当然タワーオブロンドンも。

 

府中で自ら淀みないラップを刻んで逃げ切ったテトラドラクマも好走可能。

 

穴なら今年もテソーロ。左回りで内枠は好条件。

 

それと、フロンティア。NHKマイルカップの穴は内田博幸とともにある。左回りでは前に行って好走。

【乃木坂競馬部POG】ジョーダンケルク(ヒラボクドリームの2016)

5月になりました。5月になると、POG関連書も出そろい、本格的なPOGシーズンとなります。

そういうわけで、久しぶりに乃木坂枠候補の馬を紹介。

今回おすすめする馬は、じょーさんの「ジョー」が入っているジョーダンケルク(ヒラボクドリームの2016)です。

 

ジョーダンケルク(牡2)

父:ダンカーク

母:ヒラボクドリーム

母の父:キングカメハメハ

生産:千代田牧場

 

今年の3歳世代で母父キングカメハメハは45勝(4月8日時点)。これは、サンデーサイレンスに次いで2位の成績。名種牡馬であると同時に、母の父としても優秀だというのが証明されつつあります。

その母父キングカメハメハと個人的に相性がいいと思っているのが、ダンカークです。

ダンカークのにはMy Charmer、キングカメハメハにはSex Appealという名牝の血が流れています(他にもいろいろありますが)。My charmerとSex Appealに共通しているのがLa Troienneのクロスを持っているということ(My CharmerはStrikingとBusherによる全姉妹クロスを通じてでありますが)。

f:id:nogihanro46:20180502023617p:plain

My Charmerの血統表

f:id:nogihanro46:20180502023705p:plain

Sex Appealの血統表

 

La Troienneはアメリカで産駒2頭が殿堂入りしたという、優秀な繁殖牝馬。その名牝のクロスは成功例が多数あります。

すなわち、ダンカーク×キングカメハメハになると、遠くではありますが、(La Troienne×La Troienne)×(La Troienne×La Troienne)の重なり合うクロスが成立するのです。

そのうえ、ジョーダンケルクの場合は、My Charmerの牝馬クロスも発生。さらにLa Troienneを強調する形となります。

もともとジョーダンケルクの牝系は仏オークスなどを勝ったデユネットなどからなるもので、血筋として優秀。大物が出てもおかしくありません。名牝La Troienneのクロスを重ねる同馬がその候補になるかもしれません。

 

ちなみに、ダンカークは新種牡馬でもあります。

この一頭で乃木坂枠と新種牡馬枠が埋まる。そういう点でも、おすすめの一頭です。

フローラSの日に生駒ちゃんの卒業ライブが行われる意味を考えた

今週は、フローラSがある。

「フローラ」とは、ローマ神話に出てくる花と豊穣と春の女神のこと。すなわち、春のメロディーを奏でる女神のこと。

なんだ、乃木坂ちゃんのことではないか。

 

それは置いといて、「フローラ」と聞くと、思い出す馬がいる。

アグネスフローラ。母は優駿牝馬を勝ったアグネスレディー。自身は無敗で桜花賞を制し、優駿牝馬は2着。繁殖牝馬としては、東京優駿を制したアグネスフライト、無敗で皐月賞を制したアグネスタキオンを輩出した、日本競馬史に残る名牝だ。

そのアグネスレディーアグネスフローラアグネスタキオン(アグネスフライト)の基となる牝馬を、イコマエイカンという。

 

イコマエイカン。私のパソコンで文字を入力し、変換したら、「生駒栄冠」となる。

4月22日。フローラSが行われる日。そして、乃木坂46の顔、生駒里奈の卒業ライブが行われる日。

乃木坂46アグネスフローラのような名牝ばかりのグループになったのは、初期にセンターを務め、Againstに立ち向かっていた生駒ちゃんがいたから。そんな生駒ちゃんの栄冠があったから。

だから、フローラSは、イコマエイカンの血が入っている馬から買う。

ファストライフだ。

スーパーホーネットの仔で2000mが初だから、距離を不安視する声が多い。

しかし、前走を見る限りでは、中距離も大丈夫だと思える。まして、逃げ馬が少なくスローペースになりそうな今回なら、短距離適性も重要になろう。そして、左回りに替わるのは、明らかにプラスだ。

 

相手は、生駒ちゃんとともに「生生星」の一人として乃木坂を引っ張ってきた生ちゃんの出生地名でもあるデュッセルドルフ

以下、スローペースになったフローラSでは抜群の成績を残すKingmamboの血が入っていて、馬場のいい内から強襲できそうなウスベニノキミ。

素質上位で、左回りでさらに走りやすくなるレッドベルローズ。

スタートに難があるも、素質と末脚は上位なサラキア。

外枠でもハービンジャー産駒のヴェロニカグレースとノームコア。

フローラS2着だったディアマイダーリンと血統構成が似ていて、内から前に行けそうなオスカールビーまで。

 

さあ、乃木坂46生駒里奈、最後のライブだ。みんなで最高のライブにしてください。

そして、生駒栄冠よ、永遠に。

ホッカイドウ競馬デビュー馬限定POG指名理由

いよいよホッカイドウ競馬が開幕。このブログを書いているころには、もう1レースが終わっていますね()

ホッカイドウ競馬と言ったら、2歳戦。馬産地ということもあってか、早い時期から2歳戦を行っております。そこから南関東など他の地方競馬へ行って活躍するだけでなく、ハッピーグリンやダブルシャープのようなJRAでも活躍する馬を輩出するなど、レベルが高いことで有名です。

そんなホッカイドウ競馬でデビューする馬限定でPOGをやるという、なんとも酔狂…、いや、素敵な企画があるというのを風の噂で聞き、参加することにしたなのださん。これでも昔「がんばれホッカイドウ競馬」のPOGディラクエを指名していたこともあるんだよ、と、謎の自信を持って参戦したのですが…

 

参加者の中には牧場関係者などもいるとか。

 

うん、そんな内部情報、一般ピーポーななのださんは知り得ません。レベルが高そう。

そのうえ、能検を門別で受けていても、他の競馬場でデビューしたら、ポイントが0だとか。

う~む、困った(笑)

まあ、一般ピーポーなりに考えて指名した馬たちの紹介をしようと思います。

 

①マリーンワン

父:サウスヴィグラス

母:ファーストレディ

ご存知グランド牧場が誇る、サウスヴィグラス×アサティス系+Danzig持ちの黄金配合。全姉はエーデルワイス賞2着、ローレル賞1着のアップトゥユーと、リリーカップ、エーデルワイス賞1着のストロングハートと、重賞ホルダー。

同馬は6月生まれながら、3月15日の能検でいい動きを見せており、素質は姉以上かも。

姉と同様、重賞での活躍を期待。

 

②ホシガクボ

父;カネヒキリ

母:マザーロード

カネヒキリ大好きなのださん。カネヒキリ産駒で走っている馬は、Mr. Prospectorのクロス持ちが多いので、母父がフォーティナイナーな同馬を指名。アサティスとヴェンチア(War Relic)の血があるのも面白いと思うんだ。

乃木坂競馬部の観点からすると、名前が「星」が「久保」。みなみちゃんと久保ちゃん。頑張ってもらいたい。

 

③クレインチャーム

父:フリオーソ

母:キシュウウインド

フリオーソ大好きなのださん。初年度からフリビオンを輩出するなど、種牡馬としてもなかなかいい。繁殖牝馬の質が上がれば、今後ダート界でトップを狙えると思っている。

そんなフリオーソから必ず指名したい。ということで、同馬を指名。フリオーソ産駒もMr. Prospectorのクロスが有効。フリオーソ×フォーティナイナーDanzig・Caroなんて、いかにも長く脚が使えそうなイメージ。Ribotまで弄っているのが、どう出るか。

能検では結構スピードがあるところを見せたと思う。馬体がもう少し大きければいいんだけどね。成長に期待。

 

ダイキンボシ

父:フリオーソ

母:ナントカナルサ

ここから第二次ドラフトで指名したお馬さん。再びフリオーソ産駒。

こちらはMr. Prospectorのクロスはないけれど、母方がNorthern Dancerのクロスを持っていて、筋肉量を補強。そこにCozzeneフジキセキが入っていて、早い時期から動きながら、長く走れる可能性も秘めている。

能検では遊びながらもいいストライドで好時計をマーク。馬格もしっかりしており、期待十分。

 

⑤アンビートゥン

父:シニスターミニスター

母:カンシャノキモチ

能検を見て指名。スピード能力はかなりのものがあった。ある程度前につけられるセンスもありそうだし、早い時期から活躍しそう。

シニミニ産駒って、なんかいいよね。しかも、母父カリズマティックだと、名牝Weekend Surpriseのクロスが成立。面白そう。

本日8レースのスーパーフレッシュに出走。2歳馬最初の勝ち馬になってほしい。

 

⑥トキノブルース

父:ダンカーク

母:エメラルドチャーム

ダンカーク産駒は走る。多分、ヘニーヒューズのようになる。そう思っているなのださん。そんな中でも、母父フジキセキがいいと思っているんだ。Unbridled's Songとの相性が良かったし。そういうわけで、母父フジキセキの同馬を指名。

そういえば、ヘニーヒューズ×フジキセキも相性が良かったなぁ…。そうなると嬉しい。

 

⑦ミスクニコ

父:ルースリンド

母:ミスプロ

関東オークス2着のミスミランダーなどを輩出している母ミスプロMr. Prospectorのことではないので、注意。

ルースリンドミスプロの配合だと、Mr. Prospectorのクロスが成立。う~む、混乱する。

能検ではあまり動いていなかったけど、使われてよくなる血統だからね。

 

⑧モリデンエスポー

父:エスポワールシチー

母:ナイスクラップ

ここから第三次ドラフト指名馬。

初年度からヤマノファイトも輩出したし、エスポワールシチーはいいぞ。最近のダート界の配合トレンドはゴールドアリュール×Roberto×Mr. Prospectorだけど、エスポワールシチー自身がゴールドアリュールとRobertoを持っているので、母方にMr.prospector があるのがいい。ヤマノファイトもそのパターン。

で、同馬も母がMr. Prospector持ち。トウショウボーイの血が入っているのも、全体を活性化させる気がする。

能検ではスピードあるところを見せ、最後は抑えての入線。

 

⑨シントーユタカ

父:エスポワールシチー

母:サマーコード

またしても、エスポワールシチー産駒。こちらは母方にMr. Prospectorが3本。多すぎと思うくらいだけど、まあいいか。

能検では破格の49秒台。あまり首を使っていないけど、今後の成長でもっと良くなる期待もある。

 

⑩プロミストスパークの2016

父:ダンカーク

母:プロミストスパーク

個人的に走ると思っているダンカーク×母父フジキセキ。しかも、姉が浦和の桜花賞馬プロミストリーフ。写真を見た感じでも、かなり走ると思う。

ただ、まだ入厩していないし、南関東デビューな気もするんだよね…。もし南関東デビューなら、0ポイント。道営デビューを祈るばかり…。

 

それにしても、参加者のレベルが高すぎる。反省点が多い指名になったのも事実です。

まずは、なのださん大好きヴァーミリアン産駒を指名できなかったこと。ヴァーミリアン×母父フレンチデピュティのニックス配合であるブレイクフリーを1次で指名しなかったのは、かなりのミス。主催者のdskさんが、ブレイクフリーの半姉チェゴを応援していることを忘れていました…。

クラファルコンは悩んでやめた。これで走られたらどうしましょ。

グランド牧場のヴィットリオドーロ産駒がセイントアレックス産駒のように早い時期から走るかもしれない。だから、能検を見て決めようと思ったら、能検前に指名されるわ、能検で好時計をマークするわ。本当に、皆様抜け目がない。

 

ただ、指名馬を検討するのは、かなり楽しかったです。

主催者のdskさん、ありがとうございます。取りまとめ、お疲れさまでした。

そして、他の参加される皆様も、ありがとうございます。これから一年、ホッカイドウ競馬を楽しみたいです。

よろしくお願いいたします。

雨と風と皐月賞、ときどきアンタレスステークス

週末は激しい雨と強い風の予報が出ていた関東地方。雨はやんだけど、風はまだ強い。

馬場状態は気になるし、風向き、強さで有利な戦法も異なる。

そういえば、昨年も皐月賞の予想は天気で悩んだなぁ。毎年恒例になるのかしら。

 

芝の内側が荒れているし、その上、向こう正面が向かい風で、最後の直線追い風。展開的にも前に行く馬が多く、それなら外の差し馬が有利なはず。

で、中山芝2000m適性を度外視してステルヴィオを本命にしようかな、と思ったのは事実。実際、「一番人気でスプリングSを勝った馬は、皐月賞も勝つ」って、まいやん様が言っていたし。

でも、初志貫徹して、タイムフライヤー本命。最内枠は、馬場状態からはよくない。いわゆる「ゴールドシップワープ」は外枠だから出来た技だというのは解る。それでも、タフになりそうな皐月賞で向く、母父ブライアンズタイムという血統。前走の若葉Sは展開が向かなかった上に、他馬との接触があってのもので、参考外。末脚には定評があるし、内田様なら「ゴールドシップワープ」とは別の、新たな策を実行してくれるのではないか。そんな気がする。

ステルヴィオは中山2000m自体は向かないけど、タフなレースになる皐月賞なら、結構適性はあると思う。

ジャンダルムは確実に末脚を繰り出すタイプ。

グレイルは前走で人気が落ちているようなら、美味しい。展開的に向きそうだし、枠もいい。岩田様、乗りたいように乗って。

前に行く馬ならジェネラーレウーノ。いい枠をひいた。レース中に集中力を欠くところはあるけど、能力はひけをとらない。前に行かせて、というレースが出来れば。

オウケンムーンの前走は恵まれたところもある。けど、弱いわけではない。馬場がどうか。

穴だとマイネルファンロン。血統的には向きそうだし、粘ってくれると面白い。

ワグネリアンは1枠なのがね。バラければ関係ないのかもしれないけど、人気ほどの旨味はない。

キタノコマンドールは中山2000mというか、皐月賞の適性がないと思う。脚の使いどころが難しいタイプ。強い馬相手にもう一踏ん張りが要求されると、どうなのか。これで勝ったら、ミルコ様々。

ということで、

◎タイムフライヤー

○ステルヴィオ

▲ジャンダルム

クレイル

☆ジェネラーレウーノ

押さえオウケンムーン

マイネルファンロン

 

あと、アンタレスステークスね。

グレイトパールは休み明けに最内枠はよくない。近くに前に行くであろうディアデルレイがいるのもね。ということで、押さえまで。

本命はミツバ。阪神1800mもいいし、マイペースでレースを進められそう。

対抗にロンドンタウン。なのださんのカネヒキリ好きがバレそう。

トップディーヴォは前でレースを運べそう。

暖かくなってきたし、うまく乗ってくれればメイショウスミトモも。

コスモカナディアンは追い続けないといけないタイプの馬なので。

◎ミツバ

○ロンドンタウン

▲トップディーヴォ

△メイショウスミトモ

☆コスモカナディアン

押さえグレイトパール

 

アンタレスステークスの◎がミツバで、皐月賞の◎がタイムフライヤー。

当たったら、「君の名は。」でも見ようかしら。