46度の坂を駆け上がれ

乃木坂競馬部非公認公式ブログ 乃木坂46や競馬のことなどを緩く語るブログ 4ハロンの坂を46秒で駆け上がれ

AJCCの日になると、ホワイトストーンを思い出す

新年おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

もう1月も下旬になろうとしているのに、今年初めてのブログを書きます。

お久しぶりです。乃木なのだです。

コンスタントにブログを書くと言っておきながら、3か月に1回くらいという更新ぶり。ある意味コンスタント()

これまでは乃木坂ちゃんのことだけ書いてきましたが、一応「乃木坂競馬部」非公認公式ブログなので、これからは競馬のことも書いていこうかと思います。なお、そうなると、競馬ブログになる模様()

 

さて、本日はAJCCの日。

個人的に思い出に残るAJCCといったら、ホワイトストーンが逃げ切ったレースです。実にホワイトストーンにとっては、1年9カ月ぶりの勝利。

あの日、中山は、小雪がちらついていました。そこに、白い帽子に芦毛の馬体をしたホワイトストーンが逃げ切るという、出来すぎたレース。ある意味、競馬の神様が、ホワイトストーンのために用意したのかもしれません。

ホワイトストーンを日本語に直訳すると、白石。そう、まいやん。

私がまいやん好きになるのは、この時から決まっていた!?(わけがない)

 

今年の予想は

◎ダンビュライト

トーセンビクトリー

ゴールドアクター

△ミッキースワロー

☆ショウナンバッハ

押さえレジェンドセラー

 

多分、マイネルミラノの逃げ。

スローに落とす可能性は高いけど、この頭数なら道中で捲りに出る馬が現れて、途中からペースが上がることも考えられる。

その両方に対応できるのが、ダンビュライト。今の中山2200なら、どちらの展開に転んでも、ロングスパート合戦。ダンビュライトは同じラップで長く走れる馬。血統的にもパワーのいる馬場は大丈夫。

トーセンビクトリーは、内枠なら本命も考えた。大外だけど、この頭数なら何とかなると思いたい。中山巧者の血統で距離短縮は、条件としていい。鞍上がAJCC得意で絶好調の田辺だというのも、心強い。

休み明けで、多分完調ではないであろう、ゴールドアクター。勝負所でズブくなってきた感もある。ただ、今回は展開面で大丈夫。武豊騎手とのコンビも魅力。

ミッキースワローは同じ中山2200mのセントライト記念勝ち馬。ただ、あのときは前半3Fまでペースが落ちなかった。今回は3F目で落ちる可能性が高い。そうなると、早めに誰かを使ってペースを上げたいところ。それががうまく決まれば、セントライト記念同様の鮮やかな脚が見られそう。

オールカマーのような展開になれば、ショウナンバッハも浮上。多少自在性も出てきたし、戸崎への乗り替りは素直にプラス。AJCC3着の実績もあるし、穴で、と書こうと思ったら、意外と人気ありそうで…。

レジェンドセラーは日経新春杯に出た方がよかった気がする。とはいっても、ルメール確保。押さえておかないと怖い。